(経緯5) 骨シンチ、MRI

 

ガン告知の日、今後の治療計画の説明を受けました。

 

転移の有無を調べるため、MRIを提携の市立病院で。

クリニックにも提携市立病院にも骨シンチがなかったので、近くの別病院へ。

 

 

私は病院へ行く時は文庫本を持っていきます。

軽くて面白いワクワクする系のものです。

特にこういう検査はどうなんだろうとか色々考えてしまいがち。自分から負のスパイラルに陥って辛くなるのって避けたい!

不安な自分は自分で力づけて‼

おひとり様の楽しく生きる極意だ‼笑

 

 

2015年10月17日

骨シンチは全身CTみたいなものでしたが、大きな板が身体に迫ってくる感じです。

放射性物質を点滴して3時間ほど時間を空けてからの検査になります。

なので、近くのカフェでランチを挟んで読書タイムにしました。

実際の検査は40分くらいだったと思います。寝てるだけなんですけど、緊張です!

 

私は少し閉所がにがて💦

CTとかMRIみたいに視界のせまーいところがダメなんです。

そういう事は先に看護師さんにお伝えして、私にできる解決策はタオルです。

お気に入りのフェイスタオルにほんのり香る柔軟剤。

気分はお布団の中でタオルケットにくるまってる想像でなるべくリラッスク。

 

ですが香りに要注意‼

大失敗した経験なのですが、

タオルにとてもいい香りのアロマを染み込ませ、検査中は極楽タイムで癒されよう~ (#^^#) ウフフ~

 

の、はずが、

 

うえっっ! (+o+)

気分悪い~っ (>_<)

酔う~っ (-_-;)

 

 

顔に置くタオルはほんのり香るくらいにしましょう。笑

 

 

2015年10月21日

MRIは造影剤の注射をしながら。

 

検査は病院任せなので、言われるまんまにサクサクしてもらいました。

 

その他、CTやエコー、レントゲン、、、

ありとあらゆる検査をしてもらい、

 

 

結果はその4日後。で、下記の通りでした。

 

・今のところ転移は見当たらない。
ただし検査でわからない微小転移はあるのかもしれない。
こればっかりはわからない。

・温存手術で根治を目指す。

・手術時に脇のセンチネルリンパ節を採取、その場で検査を行い転移の有無を調べる。

・センチネルリンパ節に転移がなければその先のリンパへの転移はない。

・もしあればその先のリンパを、転移があるところまで取る。

・リンパへの転移具合でその後の治療が変わる。

・手術で取ったがん細胞を精密検査にだして、ガンのタイプを調べる。

・手術後の起こり得る危険性。
神経麻痺、リンパ浮腫、変形、感染など様々。

 

危険性はあくまでも危険性だけで、どれくらいの率かまで聞いたので、必要以上の心配は無かったです。

紙に書いて丁寧な説明、具体的な数値、後で見ても大体分かるような説明でした。

 

いい先生に出会えた。
安心感って大事です。(#^^#)

 

 

余談ですが、、、

骨シンチの結果を聞いた時、先生が渋い顔。

 

え?まさか?
・・・転移あるの?

 

骨シンチの結果は、頭の先から足の先までの全身の骸骨写真。
そこに黒い点があると何らかの転移の可能性が。。。

 

胸部に明らかに判る黒い点がある。

 

先生がおもむろに質問。

「この辺り骨折とかしたことない?」

 

??? あ、ある!

 

「この写り方は多分転移じゃないと思うんだけどなぁ」
って事でCT検査追加だったのでした。

 

結果は骨折痕。

いやぁびびった。
心臓がキュッてなりました。
やっぱり焦るな焦るなですね。

ショックで心臓発作とか笑えない。笑

 

 

よろしければお願いいたします☺


人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ
にほんブログ村

読んでいただきありがとうございます😊