ひとり旅の楽しみ方1(違いを知る編)

 

ひとり旅と複数旅の違い。メリットとデメリット

 

「ひとり旅はいったい何がいいの?友達と行くのと何が違うの?」

よく聞かれるんですが、私は全くの別物と思っています。どちらもいい面も悪い面もありますので、それぞれ違った楽しみ方を満喫しています。

ちょっと病気もあるので「それで大丈夫なの?」と思う方もいらっしゃるかもですが、意外と大丈夫~!

そして筋力も体力も気力もつくし、おすすめ!と思ってます。
ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿 イヤッホゥー
ただ、好きなだけなんですが。笑

 


少人数の友達やグループで行く時

 

優先順位の一番は、相手とのコミュニケーションを深める。
そして一緒に楽しむ。と思っています。
「スケジュールを合わせて、目的地もお互いに楽しめるところにして、予算も合意できて」それでやっと一緒に旅行にいけるですから、一緒にいる時間を大切にしたい人達と行きます!

 

<メリット>

1.同行者とのコミュニケーションが深まる

昼間に何度も会うより一晩一緒に過ごす方が仲良くなれるといいますよね。一緒に旅行に行くとより深くお互いの生活に入るからでしょうね。
普段しない話や、実は、って言う暴露話。誰にも言えない相談事もこんな時だから。
お風呂あがりのすっぴんや、いびきや寝言など、後々まで笑えたり共通の秘密?にもなって何年たっても笑ってます。

 

2.同じ体験を共有して盛り上がれる

観光やアクティビティーもそうですが、迷子になったり食事選びに失敗したりと、トラブルが起こった時も一緒に笑えたりするので楽しいです。思いがけず相手が特技を発揮して驚くことも!

 

3.帰ってからも思い出話ができる

帰ってから写真を見たり、思い出話は楽しいですよね。帰り道では次にどこに行くかって話で盛り上がったり。(´艸`*)

 

 

<デメリット>

1.常に相手の楽しみ具合や体調を考えてマイペースでは行けない

自分が行きたいと思っていても同意がなければ行けないし、行きたくなくても付き合わないといけない場合もあります。いわゆる忖度だ。(@_@;)
私の場合は体に不安があるので、迷惑かけるんじゃないかって考えてしまうので気軽に誘えなかったりします。(>_<)

 

2.興味があるものに出会っても、深く掘り下げれない

新しい事に興味をもったり深く知りたい!と思うことは私にとっては一番の楽しみ!でもせっかくの機会も同行者が興味なさげであれば、そのままスルーすることも?自分がマニアックって分ってるから。(ー_ー) ホドホドニ

 

3.予定の変更がしづらい

旅先では色々な話を聞いたり見たりすると、そこ行きたい!となっちゃう事もあります。目的地を変えるにも同行者の予算やスケジュール調整を考えなきゃ。さすがにごり押しはわがまますぎるもん。

 


ひとり旅で行く時

風の向くまま気の向くまま。はっ!と思い立ったらリュックとパンツをつかんでたりします。
お昼ご飯にテレビを見てて「おいでませ京都」のCMを見て、「そうだ!京都に行こう!」と思い立ち30分後には玄関を出ていた事もあります。
そうそう、この前の北海道も「災害で観光産業大打撃。北海道元気です。来てください」という案内をワイドショーで見て、二日後には札幌にいた。

 

<メリット>

1.旅先での出会いや友達ができる

道や目的地を探すにも、誰かに聞いたり地図を広げたりします。地の人に声をかけたり、逆に声をかけてくれることも多いです。
(#^^#) オバチャントカ
ゲストハウスで同室になった人や同じおひとり様旅人とは、挨拶をしてそのまま一緒に観光したり、現地のおばちゃんの家でお昼ご飯を頂いたこともある!
旅先で出会った人とその後もずっと友人が続いてたりします。(*´▽`*)ナカヨシ

 

2.興味のあるものに出会うと計画変更して掘り下げられる

ホントに風の向くまま気の向くまま。興味がないと思っていた事も現地で本物を見た瞬間にハートをわしづかみにされる事や、なんで?と、疑問を持つ事だらけです。「気になったから行ってみた」が楽しい!

 

3.決断力や冒険心、計画性が身につく

ノープランの旅だったりすると、全部自分で決断します。それに合わせた交通手段や宿泊の手配なども楽しいのですが、その事にばかり時間を取られたくないのでチャッチャとこなします。
なので仕事が早い女になれる! タブンネ。

 

4.自分で自分を楽しますコツがわかる

トラブルが起こってもそれを楽しめる様になります。
マジか、そうか、そうなのか。でも心では「いいネタきたなぁ~」と思ってたりする。
解決して楽しんだ自分を妄想してニヤケます。すべては自分の心次第。
(^_^)v ホドヨク、アホナンデス

 

5.正直な自分の心に気づく

頑張って生きて人生を全うした人の石碑の前とか、広大な海で風に吹かれてボーっとしてみると、、、寒い。(^▽^;) イヤイヤ
ではなくて、本当の自分の気持ちに気づいたりします。
気づかないうちに「自分っていうキャラを演じてたな」とか、「無理していい人をしてたな」と、気づくこともあります。
そんな時は帰り道ではニコニコ。

 

6.誰も知らない自分を試せる

不思議なんですけど、旅の最中だと今までやったことのない陶芸工房に足を踏み入れたり、和歌を読んでお茶を飲むみたいな席に座ってたり。えぇ、もちろん和歌なんて知りません。
だってみんな知らない人だもの~!間違っても笑えればいいし、経験したら次からは「一回やったことある!」ってなるし。

 

 

<デメリット>

1.トラブルがあっても自分で解決

あんまりトラブルないんですけど、でも台風で電車が動かなかったり、ゲストハウスに帰ろうとしたら、最終バスが出ていて移動手段が無かったり。
その程度の事はありますが、大して困りません。ちょっと心細くなることもありますが、「がんばれ私」で乗り切ります。
でも、体調不良やケガはあるかもしれません。前もって出来る情報と準備は心掛けてます。

 

2.思い出話を共有する人がいない

色々な経験やトラブルを超えて帰ってきても共感する相手はいませ~ん。行きつけの店とか友達には強引にしゃべるけど。(^▽^;) キイテヨ~
でも経験値は上がっているので何かあるとネタの引き出しはふえてますよ!

 

3.自分で動かないと誰も何もしてくれない

結局楽しめるかどうかは自分次第。
よし、「やってみよう!聞いてみよう!行ってみよう!」と、自分で見つけて挑戦しないと何も起こりません。
ホントに笑うくらい何も起こらない。
観光地で体調が悪くてベンチで3時間くらい座ってたけど、「3時間ベンチに座ってた」だけでした。
(^▽^;) アタリマエダネ

 


まとめ

 

どちらにもメリットデメリットがあるので、目的によって旅の方法を変えることが旅上手なんでしょうね。

ざっくり言うと、
グループ旅は同行者とのコミュニケーション。

ひとり旅は自分の体験と体感。

 

友達と旅行に行くにはスケジュールの調整など難しい事も多いですね。

もともとは闘病ブログを始めた私ですが、病気によって仕事を退職した身としては様々な制限もありますが自由な時間もあります。
考える事や心が苦しくなる時に、日常を離れて自分自身に立ち返るのは心を安定させるにはとても効果的です。

 

なにより街によって全然違う暮らしがあって、私も頑張らなきゃと思えたり、
知らない人たちの親切に触れて、人生って豊かだな~と幸せな気分になれたり。

日々を精一杯楽しみたい!

気が向いたらフラッとひとりで旅に出てみるはおすすめです!

どこかの街で出会ってご一緒しましょう!
ヽ(^o^)丿  タノシミニシテルヨ

 

 

 

よろしければお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます

 

 

初めてのお散歩(どうか、まずこちらをお読みいただけます様に)