車椅子を受け入れる気持ち

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

車椅子には抵抗がありました。

周りからどう思われるだろう。
邪魔と思う人もいるだろうし、何か困ってたら手をかそうと思ってくれる人もいるだろう。

どちらにしても目立つのが嫌だなぁ。

 

 

普段私は電動自転車に乗っています。
車椅子に乗っているのを見かけた人が、その後、自転車で走ってるのを見たら何と思うだろう。

「車椅子だったのに自転車乗れるの?」
→自転車に乗れる程度なのに、(人の手を借りたり特別扱いされるような)車椅子に乗ってるの?

そう思われるんじゃないかと思ってしまうのです。

 

私の理由としては股関節に体重がかからなければ痛みはあまりないから大丈夫なのです。
だから電動なら自転車も乗れるけど、目的地で歩く必要があるなら車椅子の方が便利なのです。
でも知らない人はそうは思わないだろうから、やっぱり何か騙してる気になるのです。

 

 

でも、そうも言ってられなくなりました。

 

股関節の痛みからは、どうやら逃げられないらしい。
先生はフェントステープの増量とか色々な手段を提示してくれたけど、フェントステープを増量すると、どうしても眠たくなったり気力が無くなったりします。

 

ダラダラとベッドで過ごす時間ばかりが長くなる。
( *´ ᐞ `* ).。o うーん。

今の生活でも予定がなければ入院患者のような毎日になっている。

これ以上ベッドでの生活ばかりは辛いのです。
生きてる気持ちになれない。

 

痛みはレスキューでオキノームを使えば多少楽にもなります。
それでも以前のように歩くのは、もう難しいみたいです。
杖をついてならほんの少しの距離がやっとで、買い物もウロウロするのはもう無理になりました。
電動自転車で店まで行って、そこからは杖を使って売り場へ最短距離で往復する。
それがギリギリです。

 

 

 

友達と電動自転車で駅前に行きました。
本屋さんや雑貨屋さんをウロウロ。

いつぶりかなぁ。
今はこんなのが出てるのかー。

またこんな風にお店をぶらっと見て回れるなんて。

当たり前で普通のことが、こんなに貴重な事だなんて。

 

家にひきこもって精神的に病んでいきそうな生活は嫌だ!
そう思いました。

実際に駅前をブラブラしてお茶をして、スーパーで買い物をして帰るあいだ、思ってたような心配はなかったです。

あちこちで皆さんの手を借りることばかりでしたが、申し訳ないと思うのを辞めることにしました。
申し訳ないと思うから辛いのです。

「ありがとう」
そう思う事にしました。

一緒に行った友達が、当たり前のように「ありがとう」の方がいいよと言ってくれた時に、スっと胸に落ちました。

私がかたくなになっていたのかな。

また一つ受け入れることが出来た気がします。

 

ただね〜、自分でも驚いたことがありました。
スーパーで買い物をしていたら、心臓がバクバク言い出して呼吸がキュッと苦しくなってビックリ!

過呼吸みたいな状態になりました。

どうやら上手くやらなくてはと緊張したみたいです。
車椅子はとても有効だけど、慌てないでおこう。
少しずつ、気持ちも環境もゆっくりと。

あせるな私!

一歩ずつだ!

今の方法が困っても、次の方法があるよって思えただけで大進歩ですよね。

 

週末は電車に乗ってみたいと思ってます。
住んでる町から電車に乗って人の混雑している繁華街へ。
すごく大きな挑戦だ!
それが出来たら遠くに住む友達にも会えるようになる。

すごくドキドキするけど、それも全部わかってくれている友達が付き添ってくれているので不安はない!

 

うん、やってみたいな。

 

自分の世界を閉ざしてしまわないように。

 

 

助けてくれる人達に感謝。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊