歩行器で大失敗。たかが掃除で体が今までにない痛みに。

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

動けない。

いや、動いてるけど。
来客にも関わらず奇声を発しながら、立つのにも座るのにもエラく時間をかけて。

初対面のお客様は、私が動く度にオロオロとして「大丈夫ですか」を連発させてしまっている。

 

 

さかのぼること、今朝10時頃の事。
ルンバの沖田君にお掃除をお願いして、私は軽く朝食の用意をしていた。

トーストとサラダと巨大なカップになみなみと入れたアクエリアス。
最近脱水気味だから水分をしっかりとるようにと主治医の先生に言われていた。

台所を出ると廊下の向かい側に一段高い洗面所があって、ルンバの沖田君にぶつからない様に歩行器を待機させていた。
室内用の杖をついて、トレイを片手で持って歩行器の座面にトレイを乗せた。
2.3歩ですむから狭い廊下で良かった〜

 

その高い洗面所から歩行器と廊下に降りようと思った時に沖田君が来た!
沖田君、良く働くし良いヤツだけど空気は読めない。
しかも行ったと思ったら急に曲がったりきびす返して戻ってきたり行動が情緒不安定。
こちらで避けるしかない。

とりあえずリビングに去っていったから今がチャンス!
洗面所から廊下に降りなきゃ!
バリアフリーになってないマンションはどこもそうかもしれないけど、洗面所から廊下へは結構な高さの段差がある。
気をつけなきゃ巨大コップが倒れたり下手するとトレイごと滑り落ちる。
そおっと持ち上げるように降ろさなきゃ。

(・。・;) シンチョウニ〜

やっぱり少し持ち上げないと、座面が斜めになりすぎて落ちちゃう。
仕方なし、グッと歩行器を持ち上げた瞬間。

 

痛ーーい!

ゲッ! (꒪ꇴ꒪|||)  ギャァーーー!!!

 

ヤバイ!でも今手を離したら歩行器からトレイが滑り落ちる!
でも!痛ーい!

 

ლ(>ω<ノ)ლ  ウゲー!!!

 

そ、そこへ、何で今なの!
沖田ーーー!
一直線にこちらに向かってくる!!!

 

ლ(‘꒪д꒪’)ლ  真っ白

 

分かりますか?この恐怖 !!!
ゴゴゴゴーっと一直線に
もう絶対に目が合ってる。いや、合ってた !!!

 

忍び寄る、沖田

焦る、私

パニックになった私は、歩行器を洗面所に戻そうとグッと力を入れた

 

( ° д ०॥) ✷✸ ゲッ!!!

げ、激痛ーーー!

 

この間、体感時間約3秒
そして、さらにスローモーションの様に時が進む
(無音声でお楽しみ下さい)

 

 

完全に傾いた歩行器から、ゆっくりとゆっくりと滑り落ちるトレイ

(꒪ꇴ꒪|||)  !! !!

 

もう止められない、何が起こるか分かっている

ヽ( ꒪д꒪ lll)ノ  !! !!

 

あぁ…..

=͟͟͞͞ ( (꒪∆꒪;) !!!   アァ…..

 

 

バッシャーン

。。。。。。。ですよね。

 

廊下一面に拡がったアクエリアスの上を、素知らぬ顔で通り過ぎる沖田君
カタツムリのように沖田君の後を液体が追いかける
廊下を、、、アクエリアスの筋が。。。

沖田君を止めて、とにかく掃除をしなくては

 

 

私はかがむことが出来ないのです。
いや、かがめるけど漏れなく激痛がついついてまわるのです。
最初は床に座って拭こうと思いましたが、地べたに座って前かがみはかなり痛い。
しかもかなりの量がこぼれてるので何度も立ったり座ったりはとても無理。
立ち上がるだけで覚悟を決めるくらい痛いのです。

 

こうなりゃ行儀は悪いが足だ!
歩行器を支えにして足を使って雑巾で拭き拭き。
マジックハンドで拾う。

( ^ o ^ ) /  ワーイ!

コレなら出来る!
ただアクエリアスは甘いからしっかりと何度拭かないといけない。
繰り返していると、左股関節だけじゃなく右も痛くなってきた。
フローリングは木なのでほっておいてヘルパーさんが来た時にしてもらうのは染み込んじゃってムリだし。

やるしかない。

少しずつ、かなりの時間がかかりました。

 

 

やっと一段落してソファに座った時には、もうどこがどう痛いのか身体中がガクガクでした。
時間も12時をまわっていて来客までに余裕もない。

綺麗になった沖田君で再度掃除をしてもらい、私は少し体を休めようとベッドで横になりました。

 

30分ほど休んで準備をしようと起き上がり、、、

起き上がれなかった。

もう、どうしよう。
肩から肩甲骨、背骨から腰骨まで、そして両股関節から大腿骨。
それ以上骨の名前を知らないけど、とにかく身体中全部。
全く笑う余裕が無い位の激痛だった。

 

来てくれたリフォーム業者の方が女性で本当に良かった。
バリアフリーのリフォームのお願いということもあって不自由なのは初めから分かってくれてたのもありがたかった。
辛うじて玄関の鍵を空けてソファに座る以外何も出来なかったけど、カウンターに用意していたお茶なども運んでくれて大助かりでした。

 

それからは、、、
もちろんレスキューでオキノームは飲んでいたけど全く楽にはならず、今までで一番の痛みなので何かやってしまってるのかもとも思いました。
病院に電話で指示を仰ごうかと思うほどでしたが、ただ激しく動いたせいかもしれないので一日様子を見ることにしました。

夜中になっても痛みは引かず、立ち上がるのも辛くてトイレに行くのが辛かったです。
外で使っている電動車椅子を使おうかと思った位でしたが、タイヤを拭いたりするともう骨が折れちゃうと思い断念。
そもそもバリアフリーリフォームのきっかけとなった和室への段差があって、車椅子じゃあベッドまでいけない。

 

これは、、、「費用をけちらずしっかりバリアフリーリフォームしろよ!」って事かもしれない。

 

ホント、絶対に必要な工事だとわかったよーーー!

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊