最後まで穏やかに

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

相変わらず家族と呼べる人達からの連絡はない

自分が末期ガンになって痛みや辛さで苦しむ状態になった時に、こんなに冷たくされる様な生き方をしてきたのかと本当に落ち込んだ

自分は家族や身内を大切に思い、誠実に生きてきたつもりだった

出来ることは一生懸命して大事にしてきたつもりだった

でも答えはこれだった

本当に自分はこんな仕打ちを受けるほど酷い人間なのかと思った

 

 

でも、多くの友達が言ってくれた

「それだったら自分たちもいないよ」

「今、アンタの周りには沢山味方がいるでしょう」と。

「それは与えられたものじゃなく、自分で作ったものだよ」って

 

 

私が生きてきた中で、どこに向かっても誰に向かっても自慢できるものがある

私の宝物であり誇りでもある

それはこの友人達の人間性の素晴らしさです

こんなにも人として思いやりと優しさと、そして強さを持っている人達

そしてユーモアだったり冒険心だったりそれぞれに個性もあって、本当に楽しい人達

この友人たちがいる限り、私の生き方は正しかったと思わせてくれる

 

 

だから、

母が1~2ヶ月ごとにLINEをくれる

いとこがお正月におめでとうと連絡をくれた

 

そうやって連絡をくれる

それで充分なんだな

もっも、もっとって思う事じゃない

寂しさはあるけれど、自分で変えれるものじゃない

 

 

以前は、身内に代わって助けてくれる友達に申し訳ない気もしてたけど、今はそれも関係ないと思う

家族ともめたり傷つく度に体調が悪くなったり精神的に不安定になったりしていたけど、それは一番無駄なことなんだから

友達が支えてくれているのを無駄にしてしまう事だから

私には味方がいて、信用出来る、理解してくれる、時には私の感情の暴走も止めてくれる

ひとりじゃない

最近は心底そう思えるから安心している。

そうやって最後まで感謝して穏やかに生きていきたい。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊