当社の革製品は4~5年しか持たないと言うブランドのお姉さん

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

「修理、ご相談窓口」のお姉さんから電話が来ました。

本当に気持ちの分かってくれる良い方でした。

 

先日病院へ行きました。
点滴が終わって、コートを持って帰ろうとすると、後から

「何か落ちてるよ〜」

人に言われ振り返ると、、、

 

Σ(゚д゚lll) なんだコレ!

自分の後を黒いものがチラチラ舞い落ちる。
何かと思ったら、コートの袖の合皮の部分。
皮が劣化でペラペラと剥がれ落ちてるではないですか!

 

((( ;゚Д゚))  エッ!?

そのコートは5年ほど前に買った物で、そこそこお値段もするコール〇ーンです。

合皮なので普通の皮ほど長くは持たないとは思っていたけど、流石に5年でここまで劣化するのか?
やっぱり合皮だからか。

安物を買ったら、合皮も質の良くない物を使ってるだろうし仕方ないとは思います。
でもコール〇ーンと言えば特に皮製品に定評のある大人ブランド。
たった5年でボロッボロに朽ちるような皮を使うか?
それに色々な箇所にパイピングされているけど、劣化で朽ちているのは袖の部分だけ。
ほかの箇所はしっかりしている。

デザインはとても好きだったので、袖のパイピングだけ直せれば全然着れるのになぁ

( ˊ•̥ ̯ •̥`)  うーん、勿体ないなぁ

 

そしてホームページを見てみると、「修理、お客様相談窓口」が!
あるではないですか。

聞いてみよう!
袖だけボロボロに劣化もだし、お直しも可能なのか。

 

電話は直ぐに繋がって、事情を説明しました。

 

そしたら、、、(。>ㅿ<。)
全然話が噛み合わない。

「合皮とは常識的に皮ほどもたないですから」

え、怒ってるの? ((((;゚Д゚))))
なんで、なんで、?

「あの、もしもし?」
袖だけがボロボロになってるんで、、、

言いかけると、
「ですから!合皮は長く持たないので!」

そして黙ってしまったお姉さん。

 

ひえー!私何か失礼な事言いましたか?
なんか最初から切りたそうだったけど、窓口がそろそろ閉まりそうだからかしら?

(꒪д꒪II   タ、タイミングが悪かったの?

状況を話して、「皮製品に定評のあるコール〇ーンさんだと合皮でも良いものを使ってると思ったので長くもつかと思ったのですが、やっぱり合皮だと5年くらいで傷みは出てくるものですか?
それにしても袖だけなのでと思ったんです。
ほかの箇所は全然大丈夫なんです」
と、丁寧に聞いたつもりだったのに。

 

電話で声を発さず、まだ何か?みたいな空気。
そして何と、
「経年劣化だけでなく使い方によりますから。気温や保管方法もですし管理の仕方にもねぇ〜」

 

ヒ~~~\=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)/  ガタガタ~

私の管理が特別至らないからそうなったのだと言われてる〜!
私が悪いの〜?

 

が、私はそこで震えが止まりだした。

まて、まて、

おかしくないか?

その態度も説明も。

 

(-_-; )   。。。

おか、し、い、、、ぞ、っと。

 

「では、、、御社ではこのコートが何年くらいの耐久性があるとの認識でご提供されてるのですか?」

 

それならそれで、ちゃんと聞きましょう。
そして頂いたお答えがこれです。

「合皮でしたら、まぁ1~2年ですが。」

 

((๏Д⊙`)  は?ワンシーズン?

1~2年?完全に責任回避にきたな。

「御社の製品で使われている合皮の耐久年数は1~2年というご認識なのですね?
じゃあこのコートも1~2年しか切れない製品という認識なのですね?」

すると答えはこうです。

「は?コートが1~2年と言ってるのではなくて、合皮が1~2年といってるんですが?」

言ってる事もだけど、何でこんなに偉そうに話すのかが一番不思議。というか怖い!

「1~2年しかもたない合皮をコートに使っていたら、そのコートも1~2年しかもたないって事ですよね。」

 

アホなのか?それがなかなか伝わらない。
何とか伝わったついでに、じゃあ普通の皮だったら何年くらいの耐久期間との認識か、もちろん極端ではなくて一般的な使い方をして、と聞いてみました。

なんと!

「4~5年ですが?」

 

(((٩(๏Д⊙`)۶))) マジかー!

流石に聞き直しました。
「例えばバッグなど高価な革製品をお取り扱いですけど、それらも通常の使い方をして4~5年しか耐久性がない商品との認識でご提供されてるのですか?」

そ、その程度の製品と思ってるのか?

((( ;゚Д゚)) そんな事言われたらこっちがブルブルだわよ。

 

「皮はそう言うもんですから?」
必ず語尾が上がる。

 

「こ、コール〇ーンさんを含め(お世辞入り💦)ハイブランドの製品は、例えばバッグでしたら10年20年、いえ、一生モノとして使われる物もあると思っていたのですが」

それでも頑として合皮は1~2年、皮は4~5年の耐久性だと言い張る。

 

 

なんか、責任回避するためにそんな自社を貶める言い方しか出来ないのかって思うと、違う意味で腹が立ってきた。

llllll(-ω-;)llllll  残念な人だ。

「では、そのお答えをコール〇ーンさんの正式なお答えとして受け取っていいのですね?正式にそういう回答を頂いたと公言しても問題ないのですね?」

と、言ってやりました。

 

そう言うと、お姉さんは急にしどろもどろに。

 

だって、ハイブランドのバッグとか、メンテナンスしたら何十年も使えるし、4~5年であかん様になるバッグなんてお会いしたことないぞ。

 

丁寧にその辺を詰めていくと、お姉さんってば何も答えなくなってしまい、
「担当のものより後ほどお電話させますので」
と、切ってしまった。

 

(* ˙ 0 ˙ *)  まぁビックリ。

じゃあ、私は今まで誰と話してたのかしら。
担当の方じゃなかったのね。

そう言ってみたかったけど、(^_^;)
そんなくだらないこと言っても仕方ないので、大人しく電話を切りました。

 

 

そして、1時間ほどしてもう少し年配っぽいお姉さんからお電話を頂きました。

どうやら録音でもあるようで、ご確認されたようでした。
そして教育がまだ行き届いていないものでしてと平謝り。

 

(・_・;)  別に、そんなに謝らなくても。

 

でも解決して本当に良かったです。
確かに私のコートの劣化は少し早すぎる気はするけれど、やはり衣料品では柔らかい合皮を使うのでブランドとしては5~6年とのお答えになるそうです。

皮製品は私の言うように、丁寧に大切に使っていれば何十年、一生モノとして使っていただけるようにと思って作っています。
母から娘さんへと譲られる場合もありますから。
と、お答えを頂きました。

それからはちょっと打ち解けてお話を聞いたのですが、最初の人の答えについては、お客様にする態度ではないけど、何よりショックだったのは、自社の製品に対してプライドも何も無い、誇りを持ってると感じられない!と、嘆いておいででした。

 

σ( -ˇ . ˇ-。) ウーン

はぁ、中間管理職の悲哀ってやつです。
お気持ち分かりますよ〜と言いながら、コレばっかりは言って聞かせてもね〜、と深いため息でした。

 

「皮だけに限らず、本当に質の良い物を長く手入れして愛用しないと、その辺の想いは分からないですよねー」
なんて、ツレかってトークで終了いたしました。

 

わたし、何やってんだ?

ꉂꉂꉂ( ˊ ᗜ ˋ *) ヶラヶラ

担当者の愚痴聞いてるよ!

 

まぁ、たった5年でボロッボロに劣化する大枚はたいたコートなんて残念でしかない。
合皮も10年くらい経たないとそこまでならん気はするけど。
言ったところで仕方ないしね。

次からは買う時にはその辺も気をつけようと思うだけです。
革製品は良い商品も多いと思うし。

 

 

コートは5年も着たしお役御免と言うことにしました。

(人´ o ` )なむ〜

 

 

仕事に行けてた時に着ていた思い入れのあるコート。

これもひとつの断捨離。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊