ノスタルジックな映像にやられてしまう

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

最近またひとつYouTubeでお気に入りの動画を見つけました。

普段はネコ動画とお絵描き系がほとんどです。
後は学び系、と言っても日本史や歴史を面白く解説してるような、学び系と言うよりバラエティかな。

o(〃^▽^〃)o  ムツカシイノハ、ムリ!

 

ところが最近ハマっているのは全く新しいジャンル。

たまたま目にしたところから止まらず、1話目に戻って最初から順番にまったりと見ています。

 

内容は、古い古い古民家での生活。
長年の海外赴任から、今はもう誰もいなくなった日本の田舎にある実家に帰ってきたようです。
屋外にある炊事場にはポンプ式の井戸水。
お祖母様の裁縫箱は超レトロ。いや、レトロを通り越して時代劇に出てくる小道具その物。
そして1人晩酌。孤独のグルメのようなで、かなり達者な自炊風景。メニューもその地域のご当地料理や、海外暮らしで増えたレシピ。

何もかもがノスタルジックでしっとりした時間が流れます。

子供の頃に行った近所の風景や思い出の場所散策が織り込まれ、亡くなったお父様との子供の頃の思い出の場所を辿る姿は、視聴者みんな何かしら自分と重ね合わせているようです。

構成も映像も音楽も空気感も、素人とは思えない。
こういう番組でも作ってた人なのかなと思わすクオリティの高さで魅入ってしまうんですね。

 

面白いのはコメント欄です。
なんと言ってもコメントが多い!
そして長文!この動画を見て自分の中の何かを伝えたくなるんだろうな。
「泣かされました」というコメントで、自分の生い立ちや現在の境遇、田舎の両親の事、父への想い、母への想い、それぞれ語る人が多いです。
海外赴任中の人も多いようで、がむしゃらに働いてきてあっという間に過ぎ去った数十年、気がつけば両親は他界し故郷の実家にはもう迎えてくれる人もなく、古いだけの実家が残されている。

でもその古ぼけた家は不便だしあちこち傷んでいるのに、なにか暖かいものが感じられるようです。
おかえりっていってるような、待っててくれてたようなそんな空気がながれてます。

だから涙腺崩壊する人が多いのかなぁ。
そこにある不便な生活の中にも暖かいものを感じたり、本当にあったしあわせを一つ一つ味わっている感じがします。

 

普段は当たり前すぎて目を向けることもなくなったものが、本当は大切なんじゃないかと気付かされるのかな。

失ってから大切なものに気づくってあるから。

 

 

時間の流れって早いですよね。
特に今年はコロナのせいか、早すぎる!
もう9月だなんて思えないです。
この9カ月何をしてただろうと思い返すと慌ててしまいます。

ちゃんと意識しないと、時間も人も大事なものが知らない間に流れてなくなっている気がする。
日常にあるから気づかないままの街の風景も。
自分の住んでる街のことを意外と知らなかったりします。

 

 

これから少し涼しくなったらお散歩にでも行きたいところだけど。
私はもう歩くのは無理なんだなぁ。

(。•́︿•̀。)  そう、そういう事か。
出来なくなってから気づくんだね。
でも、まだこれからは車椅子の導入を考えているので、お散歩できるかな。

 

車椅子か。。。。。
1人で今住んでる町を車椅子で出かけるって、まだ抵抗がある。
だけど。
そうか、まだそうすれば出来ることもあるのか。
外出すら出来なくなってから、今と同じように気づくのかな。
失ったものに。今ならまだ出来ることだから。

 

うーん。
1人で動ける、今の時間は大切なんだな。

 

 

因みにそのチャンネルは、言っていいのかな?
「帰国  古民家」で検索したら出ましたってヒントなら大丈夫ですよね。(^_^;)

私もまだ20話くらいしか見てないので続きをのんびり楽しむつもりです。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

コメントを残す