子供が褒められるとウソの作り話をしてまでクズだと言うのは常識?

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

一生許さない。絶対許さない。

一生懸命に生きてきたのに、一瞬で私の信用を粉々にする。

今までの努力を踏みにじる。

 

私がいずれ死ぬ時に、母や姉が恐怖だという理由はここにあるのです。

だからこの1年、母と理解し合えるようにと努力してきたのです。

どうやらムリみたいだけど。。。

 

 

コロナでずっと会えずにいた友達が、久しぶりに食べ物をいっぱい持って来てくれた。

❀.( *´ ▽ `* )❀.  ウレシイ〜

出会いは10才も年下の後輩だったけど、元々の長女キャラのせいか、いつの間にか何でも本音で話せる頼れる親友になっていた。
3歳になった娘と接している姿も立派なお母さんで、彼女の子供に対する接し方を見ているのはとても気持ちがよかった。

子供のことを褒めたら軽く謙遜はするけど、嬉しそうに「ありがたい事にそうなの」と喜ぶ姿は私まで幸せを感じました。

 

私はバツイチで親にもなれなかったので、親の気持ちは想像はしても実感することは出来ません。
ヤッパリ、その立場にならないと分からない事ってありますよね。

だから私は彼女に聞いた。

子供が褒められたら、普段はダメな子アピールしたり、家に帰ったら子供に釘を刺したりする?どの程度するの?

 

 

少し前に、「子供が褒められた時、相手に子供の悪い話をボコボコにして全否定したり、子供にも毎回ひどく釘を刺すのはおかしい。それは謙遜ではない」と教えてくれた子がいたので、現役子育て中の彼女にも確認をしたくなったのです。

(* ´ 罒 ` *)  リサーチシテ、キジュンヲシロウ!

 

子供の頃、私が先生や他人の誰かに褒められると、その全てを帳消しにするくらいヒドい話を上塗りされました。
そして叱られた話や失敗談などの恥ずかしい話を散々され、如何にダメな人間かとピエロのように笑い者にされるのです。
褒めてくれたその人が去ると、「たまたま褒められたからって調子に乗るな」と、キツく叱られるのです。
それが当たり前の謙遜だと教えられてきました。

でも段々と大人になり、母のそういう行動が私の信用を酷く損なうようになりました。
何度も辞めてくれと話しても通じず、ケンカも深いものになっていきました。

 

 

一生許さない。絶対許さない。

一生懸命に生きてきたのに、一瞬で私の信用を粉々にする。

今までの努力を踏みにじる。

 

それは私の結婚が決まり、顔合わせの食事会での事でした。

相手のご両親と仲人さんご夫妻と、ウチからは母と姉。

彼氏のご両親とは何度か顔も合わせていたけれど、ヤッパリ嫌われたくないし粗相しないようにとド緊張!

そして仲人さんは彼と私の両方がお世話になっていたご夫妻でした。
特に私は高校生の時からしていた地元の青年団やボランティアの活動の市の事務局の方でもあり、とてもお世話になっていた尊敬する大大大先輩!

 

和やかに進んだ食事中の会話で、仲人の大先輩が高校生の頃の話題を出してくれました。

「遊びたいしバイトもしたい年頃なのに、よく会の活動に参加してくれた。
会議で夜遅くなることもあったのに親御さんにはご心配もおかけしたでしょうが、ご理解も頂けてありがとうございました。」

と、大先輩が 褒めてくださって。

( o̴̶̷᷄ ·̫ o̴̶̷̥᷅ )  とんでもないです。
育てていただきました。ありがとうございました。

 

当時、色々とトラブルもあったのです。
その会には高校生や大学生も沢山いましたが、どうしても社会人に合わすと定例会議は夜になってしまう。

20時や21時頃に会議が終わった後、食事や遊んだりしても家族は会議に行ってると思いこんでいます。
一部のメンバーは家になんの連絡もしないままそういった事が続いたり、色々な事が発覚したのです。

それは信頼を裏切る大問題だと、会議で何度も話し合いが持たれ、行動指針がきっちりと決められました。
特に高校生は厳しく時間が制限され、未成年も必ず家族の許可を取るなど、信用を得るための大きな問題として考えられていました。

もちろん私も親にはそう言った経緯を全て話し「とても大変な問題と認識しているので必ず約束は守ります。」と時間や連絡など決めた約束を絶対厳守していたのです。
まだ10代の純粋な(?笑)私は「自分の所属している団体の行動指針をしっかり守らなくちゃ」と初めて大人として信用というものにむきあったし、正義感にも燃えていたので真剣でした。

 

 

食事会の時大先輩は、当然私を信用して下さっていたので、その活動やエピソードを褒めて彼の両親にもアピールして下さったのです。

 

で、ここで出た。

母。

炸裂。

 

(*´ ∀ `*)「そうそう、ホントにこの子は〜」

ฅ( ` ꈊ ´ ฅ)「毎日のように夜中出歩いて、会議やとか言われたらこっちは分からないままですしね〜」

٩(๑•̀ ₃ •́ )۶「ボランティア言われたら強気なもんで、怒っても言うことも聞かんし、いい免罪符手に入れたみたいに好き勝手し放題。」

┐( ´ ∀`)┌ 「もーお手上げでした〜🎶」

(* ˘ ︶ ˘ *)  ウフフ、マンゾク!

 

 

 

‎( ꒪ ⌓ ꒪ )  エ…

(๑° ⌓ °๑)  エ、何ノハナシ? 誰ノハナシ?

〣( º Δ º )〣  今日ナンノ日カワカッテル?

( ꒪ д ꒪ lll)    ナゼ嘘ヲツイテマデダメナ子ニシタイノ?

m(。>__<。)m   どうしてこんな時にまで〜!

私は涙が止まらなくて、「何でそんな嘘つくの?ちゃんと話したし、1度だって約束を破ってないよね!」
「必ず連絡入れたし、大事な事なんだってあんなに!!!」

必死で訴えました。でも、親って結局強いんです。

 

 

(ノ∀ `)「ほらね〜、こうなんですよぉ〜」

そうやって言われると、周りは親を信じるのです。

 

でもこの人は、全く何も考えていない。
きっとあの席では私をネタにバカにして面白おかしく話をしたかっただけなんでしょう。それが嘘の話でも何でも良いのです。

 

私の信用は粉々。
イメージも最悪。
大嘘つきで自堕落。

コレは謙遜なの?
コレが常識なの?
コレでも褒められたからって調子に乗りなや!って釘を刺されることなの?

 

 

だから思うんです。

どれだけ一生懸命がんばって生きてきても、最後に覆されるんだ。
死人に口なし。
生きてるものの言いたい放題。
ずっと大切にしてきたものも、めちゃめちゃにされる。

 

 

だからどうか、コレだけは信じて。

今まで私のそばにいてくれた、全ての人達。
心から感謝しています。
出逢って縁を繋いでここまで来てくれた人達。
本当に大好きで幸せでした。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

どうか何があっても、私が生きてる間に貴方に伝えた事を信じてください。

 

 

 

そういえば姉が子供を産んでから言ってた。

「子供を産むと親のありがたみがすごくわかると言うけど真逆だった。
なぜ我が子にそんな事が出来るのか、そんな事が言えるのか、そればっかり感じる。
子供を持って、もっと沢山、もっと深く、母のおかしな所に気づいた。」

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊