どっちを選ぶ?美容院に求めるものは?

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

昨日のザンバラショートから、マッシュルームのようなショートになったぴょんきちです。

カットをしてもらったお店には「他の店に行く」とは言えなかったので、「このまま伸ばすつもり」と言いましたが、さすがにあの状態では外を歩けない。

ネットでいくつか美容院の候補を見つけたので、ホームページを見て決めることにしました。

その中の一つ。
「一人の時間を大切にする、二席だけのプライベートサロン」

(*´ ︶ `*)  イインジャナイ?

「どうしようもないと諦めていた毛流れや生えグセを根元から修正する特殊な技術」

(*´ ∀ `*)ノ  ココナラキット!

写真の店舗内装も落ち着いていてオシャレで素敵。

生えぐせも修正してくれるならカットの修正も大丈夫じゃないかしら。

 

 

そして翌日、

見てもらうと、絶句されました。
襟足だけでなく左右の長さが違ったり、すきすぎていたり問題だらけ。とにかく酷くて、修正のカットをするにも土台になる部分まで切られすぎてたりして大変だと何度も言われ、さすがにショックでした。

「とにかくコレで外は歩けないので、何とか治まる様に修正をして、後は伸びるのを待ちましょう。」
と、言うことになりました。

 

 

さて、どちらがマシなんだろう。。

 

 

カットはやっぱりオシャレな感じにはならずマッシュルームカットが限界だそうです。
明らかに失敗と言う感じではなくなりましたが、キノコ?シメジみたいです。

そして、

つかれた。。。

 

失敗したカットのことをずーーーーっと言い続け、いかに酷くて治すのが大変かをアピール。

コームで髪をすくいあげる度に、半笑いで、何なのコレ?みたいな顔をされるのです。
最初は私も「ヤッパリそんなに酷いんですか💦」とか「やりにくい修正を持ってきちゃってすみません」と言ってたのですが、辛くなってきて止めました。

٩̋(ˊ•͈ ꇴ •͈ˋ)و
「失敗されたことをずっと言ってても仕方が無いし、もうコチラで修正してもらえるから、失敗のことは忘れます」

(*´ ∀ `*)ノ
「できる範囲でいい感じにしてくださ〜い」

 

 

それでも、
時おりため息をついて首をふる。

¯\(  ˘ – ˘  )/¯  フゥー。オテアゲネ。

 

その度に仕方なく「土台が酷いのは理解してるので」とか「無理を承知でお願いしてるので」と、どうなってもアナタのせいじゃないし仕方がないってことを言うんですが。

時には古畑任三郎の様に眉間を抑えて首をふる。

σ( -ˇ.ˇ-。)  ウーン

 

「美容師は国家試験なんだから、薬剤や皮膚病の勉強もしてきて危険な薬も使うんだから」と、いかに美容師がスゴい職業かを語るのです。
「だから美容師たるものは〜」と、失敗した人に対しての文句が続く。

いや、もうソレやめてください〜。
( T o T ) モウヒドイノハ、ワカッタカラ〜

 

 

そして、とてもおしゃべりな人なんでしょうね、疲れました。

もう自分の話ばっかり機関銃。
コチラの質問にもかぶせて話し出す。
毎回こちらが黙らないといけなくて、結局質問の答えが聞けない。

お店にあったハンドメイド作品の話から、何故か弟嫁と仲が悪い話になり、時にはカットしてる手を止めて、延々と家族仲の話を喋り続けられる。

たのむ、カットは続けて欲しい。

 

そしてどんどん感情的になり、言葉使いが荒々しくなっていく。

「あの弟嫁が〜しくさって、土下座でもさせな許せるかっちゅぅんじゃ!ふざけんな!」とか。

( ̄▽ ̄;) ココは居酒屋ナノ?

 

まぁまぁとなだめても、「いや、でもおかしいでしょ!」と、今度はこっちにつっかかってきて、そうね酷いねと言うまで続くのです。

( T – T )  何デ私ガ、怒ラレテルンダロウ

 

 

サロンって、美容室とかって、

髪を切るだけじゃないですよね?
そこで過ごす時間もとても貴重だったりしませんか?

自分にお金かけて綺麗にしてもらって、ちょっと話を聞いてもらったり、楽しい会話をしたり、ステキな時間を過ごさせてもらうイメージだったんです。
コチラのホームページもそう書いてましたよ?

でもお店のカウンターの上はパンフレットや郵便物でいっぱいだったり、お店の片隅には趣味の編み物の毛糸やらカゴが雑然と積まれていたり。

 

( ̄▽ ̄;)もう早く帰りたい。

 

 

ある程度切ってもらったところで、まだ機関銃トークは続いてましたが、ちょっと強引にそれをストップさせました。

完成がどうなるか知りたかったのです。
どこまで修正のために切って短くなるのか不安だったのです。

だって私は髪を切りに来てるのだから!

 

「これ、どこまで短くなりそうですか?
まだ後ろのハネが見えるんですけど、コレも切る感じになります?」

私が話をさえぎったから?

気分を害したのがありありと分かりました。

「いや、だからね、こんな状態ですから、かなり考えて切っていくしかないですから。
普通だったらこんな感じって言えますけど。。。」

そう言われ仕方なしにやんわりと、
「だいぶ整えてもらったので、ガッツリ、ショートになるか、何とかボブくらいでいけそうか、どんなイメージかなと思って。。。」と。

そしたらなぜかキレ気味に「イメージがなかったら切れません!」

( ꒪д꒪ lll)  ダカラ、ドンナイメージカッテ、、、

もう耐えかねて、
「あ、じゃあできる範囲でお願いします」と言いました。

 

そしたら、

その後はずーーーっと無言。

一言もじゃべらず、無言。

怒ったんだね。

 

ビックリしたよ。
こんな美容院はホントに初めてでした。

 

 

コレなら一度失敗しても、良い時間を過ごさせてくれる方がいいんじゃないかって思っちゃった。
確かに今回みたいな大きな失敗は困るんだけど。

 

もう、次はどこに行ったらいいのか恐ろしくて行き先が分かりません。

キノコは木陰で隠れていたい。

誰か普通の美容院を教えてください。

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊