(映2)こんな夜更けにバナナかよ

「こんな夜更けにバナナかよ
筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」
2018/日本
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
原作:渡辺一史
出演:大泉 洋,高畑充希,三浦春馬
<あらすじ>
筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野さんと彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いた人間ドラマ。
医学生のボランティア田中くんは、いつもワガママで周囲を振り回していた。そこへ田中くんの彼女の美咲ちゃんが浮気を疑って入ってきた。鹿野さんが美咲ちゃんに恋をしたりラブレターを代筆させられたりするが、鹿野さんの生き様にボランティアや家族が大きく影響を受け、前向きに生きていく姿が描かれている。

♬♩♫∵⁂∵⁂∵⁂♬♩♫∵⁂∵⁂∵⁂♬♩♫

 

ここからは私の勝手な感想です。
(ネタバレします)

まずはバリバリの昭和の空気感が出ていて、服装もダサめでイタさと懐かしさでスタートしました!
(あくまでも私の個人的な感想です!(^^;)  )

私自身が闘病中で、いつ麻痺が起こって車椅子になったり動けなくなるかもしれないから勉強しとこうという思いで見始めました。

さすが大泉洋!憎めないキャラも彼だから成立したのだろうと思わせる面白い映画でした。
実話としても筋ジスで一人暮らし、ボランティアを自分で集めて生活をしているのは驚異の精神力と行動力!
色々な事を考える映画でした。

 

それまで介護やボランティアに興味などなかったであろう美咲ちゃんは、彼氏の田中くんが何をしてるか探るために鹿野さんちにやってきた。
新しいボランティアだと勘違いされてイキナリこき使われどんどんと巻き込まれていく。だから感覚も行動も自然体で見ていて気持ちがいい。
鹿野さんを「障害者」ではなく一番対等に見ていたのは美咲ちゃんだ。
鹿野さんもそんな美咲ちゃんに惹かれていくのも良くわかるなぁ ♡

 

突然電話一本でボランティアを辞めるという学生が言った。
「鹿野さんて、人生を謳歌してるっていうか、自由だし幸せそうじゃないですか」

「あかんのかっ!」
鹿野さんはこの後も何度もそう言う意味合いの事を言う。
わかる!
私も思った!病気やと元気な人より何かしら劣ってないとあかんのか。可哀想な人でないとあかんのか。

悪気はないのだろうけど、
「可哀想な人。不幸な人。」=助けてやる対象者
そんな無意識の感情を持っている人は多い。
健常者が思う事と同じ事を思ってるだけなのに。周りは無意識に同じである事を認めない。

これがこの映画のもうひとつのテーマじゃないかと思う。

 

鹿野さんの母が何度も訪れるが鹿野さんはすぐに帰らせ、どこか距離を取っている。
それは鹿野さんなりの優しさで、障害者である自分に、母親を縛りつけたくないのだ。
家族に負担をかけないのは鹿野さんにとっての自立であり、鹿野さんが遠慮なくボランティアを使うのは、理由があるのだと美咲は理解し始めた。

 

田中くんの両親に会う事になり、自分が嘘をついているままだと思い出す。
付き合っている途中で、「学校の先生になるのが夢だったが今はフリーターだ」と明かすつもりだった。
田中くんに「嘘ついた」と告白した。
当然田中くんは、美咲ちゃんが自分と出会って付き合ったのは医師の卵で裕福だという玉の輿狙いからだったのかと気づき、信用できなくなってしまった。

二人の関係はギクシャクし、すれ違いの日々を送ることになる。
美咲ちゃんは鹿野さんに、相手が田中だとは言わずに「恋人に嘘をついていた」と相談し、鹿野さんは「嘘を本当にしちゃえばいい」と答える。
アメリカへ行くために、英検2級合格を目指して勉強している鹿野さんを見て、美咲ちゃんもこれからいくらでもやり直す事が出来ると感じる。

美咲ちゃんは最初は戸惑い、時には怒ったりケンカをしたりして少しずつ理解をして近づいていく。そして鹿野さんの魅力に飲み込まれていく。
最初はひどく自分勝手な要求と思った事が、次第にそれがひどくないのだと気づかされていった。

 

筋ジスという病気を持っていると人生はそんなに長くないだろうと思わないのだろうか。私なら未来につながる事はやっても無駄と思ってしまうが鹿野さんは未来への夢を持ち続けている。
自分が障害者だからと諦めてしまわない鹿野さんの姿が大きく感じた。

英会話、私は転移を知った時にバッサリ辞めてしまったぐらいだもん。

 

映画中、ボランティアをする側にも色々な人がいた。
中には自分の生活のほとんどが、鹿野さんのボランティアをする事になっているような人もいた。
鹿野さんの立場からすればそういう人が居てくれるから成り立っており生活ができているのだと思う。
人を助ける事が生きがいでやり甲斐があるのなら良いと思う。
例えば介護の仕事だったり、自分の生活も程よく充実しているのなら向いてる職業についているということだ。
でも自分の存在意義がそこにしか無くなっている場合、それは共依存に近い状態かもしれない。

 

鹿野さんの病状は悪化し、とうとう首を切開し機械をつける事でしか呼吸が出来ない様になった。
そのせいで会話ができなくなるが、美咲ちゃんをはじめボランティアのお陰で声が出せるようになった。
それは少し?危険な行為だったのかもしれない。もしかしたら命に関わるような事。
でももしそれで命を落とすような事になったとしても鹿野さんは決して誰かを恨んだり後悔もしなかったと思う。
鹿野さんが一番話せる事を望んだから。
それが出来ないと、もはや自分ではない、自分らしくはないと感じている事だったから。
ただ命を長く続けるだけでなく自分らしく生きる事を望んでいる鹿野さんの気持ちをボランティアの人達はとても良く理解していた。
自分の本当の気持ちを周りが正しく理解してくれている。それは鹿野さんにとっては一番幸せな事だと思った。

田中くんは鹿野さんを自分の父の病院に転院させたり懸命に尽くすが結局は上手くいかなかった。
無力感から徐々にやる気を失いボランティアを離れるようになって行った。

鹿野さんはギクシャクする二人を仲直りさせるために旅行中に倒れたと連絡する。
それをきっかけに鹿野さんをはさんでお互いに心の内を話し合うことができた。
将来の目標を再構築するようになり、三人は美しい朝日を見た。
鹿野さんが亡くなった後、2人は結婚し、お互いの夢も叶えていた。
鹿野さんと関わった事は、2人にとっても生きることや人生について考える濃い時間だったと思う。

鹿野さんは決して手を借りるだけの無力でワガママな人ではなく、多くの人に多くの影響を与えた人だったと思う。

 

 

コメディと思っていたこの映画は、見かけは軽いタッチで進んでいくが、重い内容をはらんでいた。

果たして障害者や闘病中の患者など弱者は、健常者と同じことが出来るように周りに要求してもいいのか。
弱者であることはその人の責任ではないけれど、健常者と同じである事を要求していいのかは、私はいつも考える。

身体の障害がない人でも、他に足らないものがある人もいる。
例えば生まれながらに貧乏な家庭で進学が出来ない。
例えば精神的に事情を抱えており仕事に行く事ができない。

みんな何か満たされないものがある。
それを得るために努力している。
大事なのは最大限に努力しているから周りの手を借りて補填してもらえるのだと思う。
鹿野さんはボランティアを集めるためにビラ配りなど、最初は一人で初めて出来る限りの努力をして来た。
そして未来に向かって精一杯充実して生きる努力をしている。その姿を見た人達は大きな影響を受けていた。
だから周りに受け入れられ、支えられているのだと思った。

「人に迷惑をかけること」と「人に支えられること」の違いと意味をとても深く考えた。

 

それでも映画の中で鹿野さんがワガママを言ったり偉そうに話すと私は不安になった。
不快な思いをさせたらダメ。
人が離れて行ったら困る。
だから、誰もが納得する様なすごく品行方正な患者でなければいけない。
実は私が一番健常者と障害者・闘病者を分けて見ていたのかもしれない。
鹿野さんの様に生きるには、自分を信じる事と、とてつもない強さが必要なんだと思う。

 

 

鹿野さんはとてもシンプルだったのだろう。ただみんなと同じように当たり前を望んでいるだけなのだ。

身体はほとんど動かず常に人の手を借りて生きなければならない。
それは常に誰かの目に晒されているという事だ。
言動のすべてが批評の対象となるのだから、よっぽどの精神力や信念がないとやって行けないのではないかと思った。

鹿野さんはその生き様で人を惹きつけ影響を与えつづけた。
身体は自力で動かすことが出来なかったけど、ものすごく自分らしく自分の人生を自分の手足で歩んで生ききった人だと思った。

 

 

≣≣≣≣≣✿≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣

Amazonプライムは30日間の無料体験があります。

会費は、年間プラン4,900円(税込)
または、月間プラン500円(税込)

オススメはAmazon Photos!
容量無制限で写真を保存、アルバム作成まで出来ます。(動画は5GBまで無料)
プライベート用も仕事用も写真は全て一括管理、外出先からでも見れるのでスマホに全画像が保存されてるのと同じです!

そしてプライムビデオは映画好きには神!
それで500円/月て。年払いなら408円/月て。
下記の⤵︎ ︎申込みからどうぞ!

Amazonプライム申込み

Amazonプライム30日間無料体験

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す