母との接触はパラレルワールド

­

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

昨日のブログの内容を母にLINEで送った。

考えて考えて、思ってることを伝えることにした。

過去にお互いに想いを伝えてなくて溝が広がった。
分かり合えてなくて理解できなくて、いい関係ではなかった。

 

去年の夏、ちょっとした事でそれに気づき、そこから色々とコミュニケーションを大事にしてきた。
面倒と思わずに気持ちを伝えたり、すぐに否定せずになぜそう言ったかを聞いたり、私なりに努力してきた。

 

今回も同じだと思った。
やっぱり、伝えなきゃと思ってLINEを送った。
いきなり話すと、言葉じりだけで反論されて内容が伝わらないからだ。
送った内容は前回のブログに書いた事と同じような内容だ。

 

翌日、電話がかかってきた。

物の見事に決裂した。

私の気持ちを汲み取って、孤独にさせたとか辛い思いをさせたとは一言もなかった。
それどころか、暗にそんな細かいことを娘二人の間にたって伝えたり考えたりするなんて出来ない。と、言いたげな様子だった。

私も、前回の姪っ子の結婚式のことがなければ、転勤のことぐらいの細かいことでこんなにも神経質にはならないと伝えた。

「私は消された存在なのか
↑よろしければこちらをお読みください。

 

私の想いは全く伝わらなかった。

それどころか、姪っ子の結婚式の事でさえ、当時言ってたことと全然違う事を言い出した。
いつもそう。
この人は、いつも後になって全く違うことを言い出す。

話を完全に覆されて、こちらは呆気に取られる。
「なんで?なんで?
言ってることが全く違うやん!」

 

「あんたこそなに言ってるの。そんなこと言うわけないやん!」
と、平気で言ってくる。

 

今回は、さらにここまで言われた。

「アンタまた、話ずらしたりせんとってや」

母が話を覆しといて、私に対してそういうのか。

ほんと怖い。

パラレルワールドを行ったり来たりしてるみたいだわ。

 

私はキレて、どっちが話をズラしてるねんと怒鳴って電話をブチッと切ってやった。

もう、無理だよ。

傷つくだけだ。

なんの電話やったんかわからん。

 

 

 

※ 備忘記録で残しとこう

母は以前、「姪っ子の結婚式の事を親戚もみんな知っていて従姉妹やハトコまで出席するのに、妹(姉から見ると)であるアンタ(私)だけ知らない状況は酷い。
姉は直接じゃなくても伝えるべきだった。
私が孤独感や疎外感を感じるのは当たり前で、姉の仕打ちは酷いことだ。」
と、言っていたのです。

でも今回、母が言うには
「姉が直接アンタに連絡をして、娘が結婚する事を言うわけが無い。
絶交してる(縁を切ってる)間がらだから。
姉は直接相手に伝えずに誰かに伝言を頼むような事はしない性格だ。」と。

結局、私の寂しかった気持ちなど分かってくれてなかった。自分(母)は「姉がそういう性格とわかっているから、姉を非難することは無い。姉のした事が酷いなんて言ってない。」と言ってました。

ホントに怖い。でも昔からこんな人だ。

 

 

私は消された存在なのか

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊