一緒に受け止めること。ドラマ・アライブ

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

昨日に引き続き暗ーいネタで申し訳ない。

録画していたアライブ
今週は、ガンが転移した父とニートの息子

父は息子の就職先を考えている。
的外れだし現実味もない。
息子から見たらトンチンカン。

 

それでも、時間を使って心を使って
一生懸命に就職先を探してた。

それで伝わっていました。
バカな父だと思いながらも
自分のために動こうとしてくれていた。

 

きっと誰かを大切にするって、
正解や結果を出す事じゃないんです。
一緒に知ること
一緒に向き合うこと
一緒に受け止めること

その息子は最後に父と一緒に病院へ行った。

父の病気を一緒に知り、受け止め、向き合おうとしていた。

どうか身近に孤独に向き合ってる人がいたら、心をそばに置いてあげてください。

 

 

 

バカな私はまたやっちまった。

生きて欲しいと思われているはず。
心配されているはず。
母に向けてバカな確認作業。

やっちまった。

自分からは何も知ろうとしない。
私の転移の画像も見たくない。
「だって怖いもん〜」だってさ。

 

何の薬を使っているか、どんな状況なのかも知ろうとしないなんて、興味がないんだと思ってしまう。
今の治療方法を知らないのだから、他に何か手はないか、何とか助けられないかとも思ってないんだと思う。

「だって、知るの、怖いもん〜」

 

 

それは私のセリフだ。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊