心を蝕む痛み

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

普段なら笑い飛ばせる事でも、なんだかイライラしてしまう。

昨日のつづき。

 

結局母はウチに来ることになった。

ウチに来るときにパン屋さんに寄ってもらうことだけラインでお願いした。
「食パンと菓子パンをいくつか。チョコ系のと、ウィンナー系は入れてね!」

そして母到着。
お腹が減っていたお昼時、食べたい食べたい!
食パンとー、チョコの、、、ポッキー?
ん?ん?ん?
何かな?これは? ポッキー?と?
食パンとチョコのお菓子。
だけ?

あぁ、食パンのくだりからチョコのとこまではしっかり読めて理解したみたいだけど、「チョコ」で止まっちゃったんだね。

そしたら勝手に早合点して、思い込んじゃう。
そうなるともう無理。

自分のイメージの中では、チョコ=お菓子

だから、お菓子だ!って思い込んでしまって、続きの文章が頭に入らなかったんだなー
( ̄▽ ̄;)  そういうことね。

 

 

勘違いで大げさとお思いでしょうが、こういう事が本当にめっちゃあるんです。

子供の頃はトンチンカンな出来事が起こるたびに、私もすごい腹が立って、
「なんでなん!」
って、全く理解ができず、笑い飛ばすこともできず、毎度衝突してました。

大人になって、特に最近は笑えるようになってたのに、今日はなんだかイライラする。
食べたくて期待してたからかなぁ
食べ物の恨みは恐ろしいからか?
( ̄▽ ̄;) ヒェー!

でも、本当にこんな事でイライラして止まらなかった。

 

夜になり、そろそろ寝ましょうと席を立ったときもそうだった。

ここのところずっと体調は良くないし、体もかなり痛い状態だったので、ソロソロ〜っとゆっくりと動いていた。
枕元に置くお水を用意して、ベッドの方へ向かったら母が一言。

「この(テーブルの上の)お茶はもう片付けていいんやね?」

 

「うん、お願い」で、いいはずなのに。

( ー ー ; )  。。。。。

( ー ー ; )  。。。。

( ー ー ; )  。。。モヤモヤ

 

「ウン、オネガイ」とは言ったけど。

 

で、ベッドの方へ、ソロリソロリ、、

またもや母、
「もうテレビは消してもいいんやね?」

(ーー;)う、うん

(ーー;)イライラ

(ーー;)イライラ

「ウン、ゴメン、ケシテ」

 

何故聞く?

今から寝ようと言ってるのだからいいに決まってる。
何故わざわざ聞く?
私がせずに自分がするのが気に入らないのか?
何アピール?

 

 

「私にしろって言いたいの?はい、ゴメンゴメン、私がすればいいんやね、後はこのコップとか片付けとけばいいね!」

なんかイライラが止まらなくて喧嘩腰にそんな風に言ってしまった。

「そんなんちゃうで、独り言みたいなもんで、、、」
母が慌ててそんな風に言ってるのは聞こえていたけど、知らん顔してしまう。

 

なんでイライラするんだろう。

 

一歩歩く事が痛くて辛い。
だからなのかな。八つ当たりなのか?

 

体の不調は心を蝕む。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す