ホンマに何もしない母であーる

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

久しぶりに大晦日に母が来た。
お正月をウチで過ごすためです。

お正月を一緒に過ごすなんて、いったい何年ぶりのことか。
記憶にないわ。

 

大晦日には1万8000円もするお節と、私がお願いした大好物の551蓬莱の豚まんを買って来てくれた。

お節に18,000円!!!
\(( ° o ° ))/  ワァーオ!!!タッカーイ!

 

(−_−;)イラン(−_−;)イラン

とは言えず。
確かに華やかだったし、すごく美味しかったけど。
無収入親子だぜ。
年金暮らしの母と貯金切り崩しの末期ガン闘病娘がお節に18000円はないでしょう。

 

そして、本当に何もしない母である。
もちろん最初から一切期待はしていなかったけど、本当に何もしないんだね。

前もってヘルパーさんに大量に食料を買い込んできてもらっていたので、二人で1週間分くらいの食事はほとんど何もしなくても大丈夫な準備はしておいたけど。

 

母は、家事をするのも難しくなってきた闘病娘の家に行って、何か助けてあげようとかご飯を作ってあげようとか言う気は一切ないのです。ホントに遊びにきてるだけ。

それどころか、母の分の食べ物やら何やらの方が手がかかるので、私が元気な時しか来ないでもらいたいくらいであーる。

 

 

昨日はねー、午前中にうたた寝してしまって気がついたら午後3時くらいだったのです。

慌てて起きてみると、昼ごはんも食べずにマンガを読んでいる母。
「あれ?お昼ご飯どうしたの?」と聞くと
「別にお腹減ってなかったから」と母。

その後私が、「でも私はお腹減ってるし、何か食べないと、、、」と言ったけど、自分はいらないからって。
作ってあげようとかいう気は全くなく、自分がお腹減ったら食べるけど、いらないから知らない。って事です。

だけど
「でももうすぐお腹減るから晩御飯は6時頃食べようね」って。
いやいや、私は今から食べようとしてるんだけどって事も分かんない空気の読めなさです。( T o T )

そして、それくらいの時間になっても自分からは一切何も言わず、動かず。
こっちから、
「今日の晩御飯はどうする?」
「残り物のコレとあれをレンジして食べるくらいでもいい?」
とか聞かないと全く動きません。

 

私は骨が痛くて、立って料理する事が出来ないからヘルパーさんにお願いしてるんだよ。
だから、母さん、あなたの分の食事を用意してやることはできないんだよ!

と!ちょいとキレそうになるけれど、本人は私に用意してもらおうとも思ってないんだなぁ。

(T_T) なんだかホントに面倒くさい。

 

 

もともと家事全般嫌い!と言ってのける人なので、大晦日から買ってきたお節や冷凍食品なんかで全て賄う。

私が「こんな食生活はしんどいからシチューでも作るね」と言った時は、
「私が作るよー」って作ってくれたけど。

意地悪とかそんなんじゃなくて、本当に食にこだわりもないし、掃除とか家事全般がただただ嫌いなだけなんだよねー。

そして空気も読めないし気づかないんだよねー。

わかってるよ。

でも、ホントにここまで何もしないと、多少イライラする。

せめて私が出しっぱなしにしてしまってたジュースを冷蔵庫に入れるくらいのことはしてくださいよー

せめて自分が食べる米くらいは炊いてくださいよー
私の冷凍ストックご飯が無いではないか。

 

そして、テレビ見てー
マンガ読んでー
本も読んでー
最近教えたYouTube見てー

寝落ちするー。

冬休みのぐうたら中学生みたいな母である(^_^;)

 

 

そんな母は、親戚の叔母達には

「看病や家事の手伝いに通って大変だね、アナタが無理して倒れたりしないようにね」

と、言われているようです。

 

おばちゃん達!
母の襲来は全くもって、1ミリも助けにはなってませんからー!
逆に母が来る時は余計な手間ばっかり増えるし、食生活も冷凍やレトルトメインになるから不健康ですからー!
テレビの前を陣取ってるし、私は録画を溜め込んで、母が帰るまで見ることもできませんからー!

 

 

ま、親孝行だと思って。(^_^;)
母は楽しそうにしてるし、それもいいか。

明日はお料理上手のヘルパーさんが来るから、おかずの作り置きをしてもらおうっと!

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す