考えをまとめる。逃げ出したい

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

 

治療について。
長くなくてもいいから充実して中身のある生活をしたい。
だから抗がん剤で命を伸ばしてもやりたい事が出来なくなるなら幸せではない。
そう思って副作用の強い治療はしないで来た。
今まではそれが正しかった。

色々楽しい事が出来たから!
幸せな時間を過ごす事が出来た。

でも、ここに来て痛みが激しくなってきた。
こうも痛みがキツイとしたい事が出来ない。
だからまずは疼痛コントロールの入院で痛みを何とかしましょうって事なのですが。

もし痛みがコントロールできないなら、抗がん剤を使う可能性が出てきた。
なぜ今になってかと言うと、抗がん剤を使わなくても痛みで楽しい時間を過ごせないから。抗がん剤を避ける理由がなくなったわけです。
むしろ抗がん剤を使うと痛みが軽減する可能性まで出てきたのですから。

抗がん剤を今使ったとしたら、もし効果があった場合、ガン自体をおとなしくさせる事が出来たら痛みも改善されるかもしれないらしいのです。

でも副作用だけで全く効かないかもしれない。

 

 

本音で言うと
吐き気や嘔吐などの副作用も嫌だけど脱毛も嫌だ。
ちゃんと生え揃うまでに一年どころか実際は4年も5年もかかる人もいる。
一年で生えると言うのはウソではないけれど、ウィッグがいらなくなるほどの量が生えるとは言ってないのです。

でも、痛みが軽減されるかもしれない。。。

 

 

それと、ちょっと不安が出てきてるのは、何らかの治療が功を奏して長く生きたら、経済的余命が危うくなる。
そう、下手に長生きすると、独り者の私はお金が足りなくなるって事です。
それが一番不安だ。

 

必死で治療をしてる人に言うのはどうかと思うけれど、みなさん考えないのでしょうか。
5年10年と長く生きれたら、貯金が底をつきませんか?
働ける状態なら問題ないですが、すでに働けない状態で長く生きたらどうなるのか。

 

 

だから、次に考えるのは、
介護保険などの手続き関係。
調べたり手続きをしたり。


そしてホスピスについて。
痛みが治まったら、まだ自宅での生活を続けられる。
病状が悪化して治療方法がなくなったらホスピスか緩和ケア病棟。

これも調べたり見学に行ったり手続きをしたり。

 

ザッと見てもこれだけの事は最低限の考えたり決めたりしないといけない。
でも、もう考えたくないって思ってしまう。
もう疲れたよ。
何もしてないけど。
もうしんどいよ。
もう全部投げ出して終わりにしたいくらい。

 

情けない。
でも、もう何も考えられない。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す