ブチギレられた

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

「私、ブチ切れる」
と、言われたら、どういう意味と思いますか?
また一つ母の謎が解明された瞬間でした。

 

もう、何年も時間があるわけじゃないって話をしていた時に、時間がない事が悔しい、もっと行きたいとこも、したい事も沢山あるのにと泣きながら言いました。

 

「もっと旅行にも行きたかったし遊びにも行きたかった」
「今度は富良野にも行きたかった」と。

すると、富良野に行った事がある母は、急にテンションが上がり、
「そうそう富良野は良かったの、あそこは絶対行くべきところやよ!」
「あんた富良野は行けへんかったの!」

 

そう、いきなりテンションが上がり、そんな風に話し出したのです。

私はびっくりして、それこそブチ切れて、「旅の話がしたいわけじゃないでしょう」と腹が立って言いました。

 

母にそれを言うと母はこう言いました。
「あんたの言ってることわかる、私ブチ切れるわ」

 

ブチ切れるってなんだ。

 

怒るな私、何か変だぞ。
テンション上がるのもビックリやけど、今のブチ切れるってのも何なんだ?

私は冷静に、
「ブチ切れるって何なのかな?」
と聞いてみました。

 

母が言うには、
「いつも会話をしていると本筋から例え話など違う話に少しでも行くと、本筋から『ブチ切れて』会話を進めてしまう」のだそうです。
そして「すっかり本筋の話を忘れてしまって、その例え話などに夢中になってしまう」そうなのです。

 

どうやらただ、本筋の話をすっかり忘れてと言う事を、ブチ切れて言う言葉で言ってしまうようです。
「ブチ切れる」って言う言葉はそういう意味で使われているようです。

 

母とはいつも会話の途中で何だかおかしな喧嘩になっていましたが、今回やっと原因をつかむ事ができました。

 

 

この人、言葉のチョイスがおけしいんだー!

そして、本人、自覚あるけど治せないんだー!

 

母は、
いつも会話してると、そんなつもりで言ってないのにってことばっかりだったらしいです。
伝わっていなくて誤解だらけだったらしのです。

そりゃ、意思の疎通は難しいわなぁ。
まして、私たち子供だったもんなぁ。

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す