ホルモン治療はどうなった?

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

はい。

しっかり聞いていました。

3年前に手術したあと、ハーセプとホルモン治療を併用したんです。
その後の更年期障害のような副作用がひどくてかなり辛かったのです。

あんなのは嫌だ。
もちろん女性がみんな通る道です。
でもね、その先があるから耐えれるようなものです。

私は鬱になるのかと思うほど辛かった。

しかも、強引に薬でおこさした更年期障害のような症状は、身体が自然に行き着いた更年期とは違ったのだと思います。

 

ガンも末期になると、ホットフラッシュがあります。

つらーい。

きつーい。

あつーい。

いまがそれ。本当に腫瘍熱というのが厄介で、熱いあまりどう体を冷やしたらいいもんだか。
冷やし過ぎてもダメだろうし際限がない。。。

つわりの人の話を聞くと、それより全然ましたわ、とか、更年期でピークの人の話を聞いても、汗が頭から滝のようなんて、まだましたわと勇気付けれます。

だけど、比較ってできないんだなぁ。
もともとの身体が弱っていると頑張りがきかない。

 

ここ数日陥ってるのが、メンタルの頑張りも弱くなってる。

 

ふと、夜ねるとき。
最近寝るときに火照りが出るのか、辛いことが多い。
それでもルネスタを飲んで30分くらいでは寝てるから贅沢は言えないんだけれど。

ただ真横になるとしんどさのお布団をかぶってるみたいに倦怠感と火照りと、どうしようもない全身の弱い痛みがかぶさってくる。

 

「こうやって死んでいくんだな」

「これがどんどんひどくなって死んでいくんだな」

「死ぬときはもっと辛いだろうからいつ鎮静をするかは自分の我慢次第か」

「いつ鎮静をするかは、いつ死ぬかに等しいね

「いつ死ぬか」を決めれるのだろうか」

 

いい人たちに囲まれていても、全ての心が理解されるわけじゃない。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す