3日で体が絶好調になるのは彼女のオーラ

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

ちょうどGW明けの先週のお話。

待ち合わせた米原駅で友達に手を振り、改札を出た途端に嘔吐してしまった。

 

ひと通り嘔吐がおさまるのを待ってから、

「久しぶりー。元気?」

と、久々の再会の挨拶をした。

 

PET検査の結果を受けて、友達が元気付けようと二泊三日のドライブ旅を企画してくれた。

朝は体調も良くて、こんな風になるなんて思ってもなかった。

でも電車の中で、どんどん気分が悪くなり、駅で降りた時には痛みと吐き気、倦怠感でフラフラだった。

杖をついていれば痛みが分散されて歩けるし大丈夫と思ってたのに。

悲しかった。

 

そして二泊三日が過ぎて、帰るために同じ駅に着いた時には、

杖もいるかしら?って思うほど痛みがなく、身体からどんどん力が溢れてニコニコ元気まんまんになっていた。

 

マジか!

別に変な宗教や謎の治療をした訳ではありません。
ただ、琵琶湖一周旅を友人としただけです。

 

緑いっぱいの自然といいお天気に恵まれて、最高の景色とさわやかな空気!
そしてもちろん、友達との超絶楽しいトーク。
最高のデトックス。

 

元気だった頃のようにはいかず、午前中はホテルで寝ていたり、マメに休憩を挟んだりしながらですが、まだまだこんな風に楽しく旅ができるんだと、焦っていたココロがだんだんと落ち着いていきました。

なにより、友達の細かい気遣いとサポートに激しく驚愕!

この子、こんなんやっけ?
((((;゚Д゚)))))))

いや、いつもと変わらず自然体でいちいち手を出すわけではないけど、気がつけばいつも見守られてた感じがする。

なんて言うのかな、
小さい子供がのびのび自由に遊んでいるけど、振り向くとしっかり親に見守られて安全な環境。

私、自分がしてもらったけど、誰かにできるかと聞かれれば、できないぞ!
σ(^_^;) 無意識だったもんで、、、

 

ぜんぜん過干渉じゃなくて、普段通りなんですよ。
でも、久しぶりの再会時に嘔吐した時もサッとごみ袋が出てきたり(勿論自分でも用意はしてましたよ)、朝からは動けなくて朝食後に二度寝している時は、読みたい本があるからと気を遣わせなかったり。

人を支えるって、何をすればいいのか、何を言えばいいのかって事じゃないのかなと思いました。
今まで通り普段通りの関係が何も変わらず、いつもと同じ会話や行動が心地良くて、大事に思って心配してくれているのをすごく感じました。

 

うーん、矛盾。

 

今までと同じなのに、今までと違う。私に対して細やかなサポートがあった。

 

結局、何があっても気負ってないんだなぁ。

「いや、何も変わらんで。
でけへん事を手伝ったっただけやん。
しんどそうなんムリさしたら倒れよるから、ちょっと寝かしてただけやん。
本持ってきたし、別に退屈ちゃうで。」(※女の子です。笑)
と、言いそうだ。

 

その中には深い思いやりと熱い友情があるんだと思う。
そして、本人の人間力。
いくら何をすればいいか箇条書きにしても叶わない人間力なんだと思う。

 

私が二泊三日でこんなに体が楽になったのは、彼女のパワーみたいなものをしっかり浴びてたからかと思った。

 

病気になって良かったなんて、絶対ないけど、幸せだと感じることは沢山ある。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す