転移の検査

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

 

いやもう、自分にびっくりです。
昨日はブログを書き終えて、即寝てしまった。

どんだけ寝るねん。

 

そして本日は順調に薬を飲めました。
そして、お昼過ぎは少しだけ起きたままでお片づけもできました。
それでも日中の半分以上は寝てますが。

 

さて、

明日は月曜日。
そろそろPET検査の結果がクリニックに届いてる頃かと思います。
電話してみて届いていれば、明日結果を聞きに行きます。

 

(^_^;)  うーん。

一年前の春ころから腫瘍マーカーが上がり始め、夏の終わりには倍々ゲームのような勢いで上がりました。

1月にカドサイラからハーセプチン+パージェタに変更しました。

そして少し時間を空けてからこの前検査をしました。
結果はまたもや倍々ゲームのように上がってた。

 

それに伴い、身体中に痛みが発生。
疼痛コントロールを始めて、もはや鎮痛剤なしでは痛みに耐えられない状態。

 

普通に考えたら新しい薬は効いてないよね。
痛みだけで言うと、悪化してるよね。
自覚があるのは骨だけだけど。

 

そしてこのタイミングでPET検査の判断。

 

それって、先生的には内臓転移を調べようとしてますよね。
うん、一年以上薬の効果が弱っていってるんだもん。

多発骨転移だけじゃなく、内臓に転移してても全く不思議じゃない。

 

 

(・・)   うーん

(。-_-。)   うーん

 

╰(*´ ︶ `*)╯ でも、何かいける気がするー!

 

わからんけど。

 

とりあえず、結果が分からん内はイケる気でいっとこうかな。
考えても分からんし。

ストレスが一番わるいことやしね。

精神的余命を大切に!だね。

気持ちがやられると身体にめちゃくちゃ影響が出るのは今までの経験で嫌ってほど分かっています。

 

病は気からって言いますが、気持ちが強い人は治るけど弱かったら治らないなんて極端なことではないと思います。

それだと、病気になったのは気持ちが弱いからだ!と、責めてる感じがする。病気になるのは本人の性格とは関係がないと思います。よく、患者さんを元気付けるために言ってるのだと思いますが、病気になった上に責められたらたまらない。

ただ、気持ちが弱ったらがんばれない。でも気持ちが元気(楽しく過ごしている)だと、多少のことは頑張れるのです!

今日もニコニコ。

不安も痛さもぜーんぶひっくるめて、ニコニコ。

 

よし、今からお風呂に入って24時には寝るぞ!

 

 

3つの余命 (がん患者の気持ちと接し方)

よろしければお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます