ガンも個性の一つ (がん患者の気持ちと接し方)

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

週末のレースは無事に終わり、成績は

、、、まぁまぁ

 

そのバイクチームのメンバーの一人に、病気のことを話しました。

さすがに杖をついて、びっこをひいて、痛そうにしていると誤魔化しようがない。

(^_^;) 関節炎じゃ通らない。

 

そして、その人はチームでも重要な存在で、とても信用のおける人です。

ガンであることと、骨に転移し最近はかなりキツイ痛みが出だしたこと。

チームには迷惑をかけたくないから、出来る範囲で参加させたもらうけど、無理なら抜けさせてもらうからと。

 

その人はとても心配をしてくれ、そしてこう言いました。

 

「それは個性の一つだから、堂々としてればいい」

 

すごく嬉しかった。
個性と言われたのは初めてで、その言葉は、周りに迷惑をかけているのを引け目に感じていた私にとって、救いになる言葉でした。

みんなそれぞれに個性があって、出来ることと出来ないことがある。

得意なこと、苦手なこと。

杖をついてしか歩けない時も、途中でしんどくて休憩をする時も。

 

また、チームオーナー夫妻も、サーキットでは車椅子の人も杖をついてる人もいる。
(事故が多いですから。(^-^;    )
みんな、自分に出来ることをしているだけ。私も出来ることをしてくれればいいと。

そんな風に笑顔で言ってくれました。

 

いい人たちに会えたな。

でも、今まで出来ていたことが、どんどん出来なくなる。

いや、もう少し疼痛コントロールを上手くやればいけるかな。

焦らないで今の問題を冷静にクリアしよう。

 

私の個性を生かせること。
この個性でもできる何か。

出来ないことを嘆くより、出来ることを見けたい。

 

と、カッコよく言うものの、

頭ではわかってるんだけどなぁ
身体が痛むたびに、心が折れそうになる。

こう言う時は友達に会いたい。

声を聞いて安心したい。

良かった。この身体を支えてくれる人達がいる。

しあわせなこと。

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す