がんの原因

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

米科学誌サイエンスによると、発がんの原因は全体で見ると6割が遺伝子複製ミスによるものだという。

2017年6月にもnatureダイジェストに記載されたとのこと。

 

がん全体での原因

環境要因。29%
大気汚染、喫煙、食事

遺伝要因。5%
親から受け継いだ遺伝

遺伝子の複製ミス。66%
自然に起き、防ぐことは難しい

 

がんの種類別

環境要因が寄与する度合いが高かったものは、
肺がんの66%
胃がんの55%  など

複製ミスが寄与する度合いが高かったものは、
前立腺がん96%。
乳がん83%  など

 

自分を責めない

乳がんの場合で言えば、「何で乳がんになったのか」ってのは愚問みたいですね。

「知らんがな。(^_^;)運が悪かっただけや」

 

でも、未だに「乳がんにならない身体づくり」とか言われて、過激な食事療法だの何だの、個人の生活スタイルを責める発言が世の中に溢れてる。

謎だわ。(・・;)

 

もちろん誰が見ても悪い生活スタイルだったり不摂生をしまくっていたら、どんな病気にもかかりやすくなるから論外だと思う。

普通に生活してての話です。

 

昔は、がんになったのも個人の生活スタイルを責められることが多かったけど、今はそれが科学的に否定されている。がんの種類にもよるけれど。

少し前にがんを治すのに効果があるとされていた方法が今は科学的に否定されている事も多い。

特に過激な食事療法など。

今一度、確認をしてみるのも必要じゃないかしら。

今は効果ないどころか逆効果と言われてるのに。。。と、過激な事をしている人を見てそう思った。

激しい食事制限をして筋肉が落ちてガリガリに痩せちゃってたりすると、病気に勝つ以前に健康な人も弱って寝たきりになるよって思ってしまう。

ロコモティブ症候群になると寝たきり一直線。

 

 

バランス良く考える

何事も極端がダメなんじゃないかな。

がんの原因も運だとは思うけれど、あまりに酷い生活スタイルや偏食ばかりじゃあ、消せるがんも消せなかったりするかもしれない。

死ぬ直前までのストレスとか極端に免疫を下げている状態とか。

でもそれもね、みんなじゃない。

じゃあ、病気で免疫下がってる人はみんながんにやられるのか?

ストレスで精神的に病んでしまってる人はみんながんなのか?

虚弱体質の人はみんながんなのか?

そうじゃない。

それも極端。

がんができるのは不運って要素が多いけれど、身体が余りに弱ってたりストレスで病みかけてたら頑張れるものも頑張れない。

 

だから、極端にめちゃめちゃな生活をするのもNG。

治すために極端に偏った療法をするのもNG。

極端に偏った情報だけを信じるのもNG。

 

普通でいいんじゃないかな。

 

 

あくまでも私個人の意見なので、その人にも間違ってるなんてエラそうな事は言えない。

10年後にまた正解が変わっているかもしれないから。

でも、今の時点ではわかってることが、もっと普通に簡単に周知できればいいのになぁ。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す