終活の難しさ

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

具体的に就活を考えていた。

まだまだ生きれるかもしれないけど、薬が効かないかもしれない。
そしたら、そうなってからアレコレと考えたり調べたりするのはしんどいから。

 

・延命治療はしない
・緩和ケアに全力を注ぐ
・家族に看取られたくない
・家族葬は死んでも嫌
死んでるけど。笑
・病院から焼き場に直送
・そのまま永代供養の墓場へ直送
・なくなった事をお世話になった人に伝えて、お葬式じゃなくお礼のような打ち上げ?お別れ会にしてほしい。
・もし貯金が残っていれば希望の寄付や分配をしてほしい

 

ざっとこんな感じかなぁ。

でも色々調べると、いよいよ悪くなって本人の意思が確認できなくなった時は、家族の意向が重視される。
たとえ、リビングウィル や書面にまとめていても
家族、家族、家族、、、

 

だから私は成年後見制度や公正証書などでできる限りのことを準備しようと思っていた。
誰に頼むかも決めて相手に伝えていた。

 

もちろん、好意でしてもらうことではなく、ある種ビジネスとして当然の対価を支払って請け負ってもらうという話をしていた。。
結構前から話していたし、相手も費用の話もしていた。

 

先日、ちゃんと具体化しようと思って連絡をしたが、返事がなかった。
まぁ、ひま?飲みにいかない?みたいなノリだったので相手はそんな事とは思ってないだろうけど。笑

 

でも、その前に少し真面目な話をしていた時、ホンマにそれをするんやったら弁護士の方がいいんじゃない?と言われた。
確かにその通りかもね。

 

でもさぁ、本気で受ける気がなかったんなら最初に言ってよ。私、すっかりそのつもりで考えてたわ。σ(^_^;)

 

私の突飛な希望に冗談のように楽しく付き合ってくれてたんだろうってわかってるけど。
それはそれで、本当にありがたい。
でも、結局独りかと感じる。

 

みんな、あまりにも面倒なことには関わりたくないよね、と、またマイナス思考に突入。

 

全ては自己肯定感が低くて自分に自信がない自分の考え方が悪いんだけど。
家族や責任を負わせちゃう関係など、深くなればなるほど私は切られていく。

 

誰にも嫌われず迷惑にも思われず、心安らかにこの世界から消えたい。早く。

 

 

大事に思ってくれる友人達には、マジで殺されそうな発言だね。

みんな大好きだからなのよ。

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す