抗がん剤対策ディグニキャップとは

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

抗がん剤対策 ディグニキャップ(頭皮冷却装置)備忘記録

 

抗がん剤を少量ながらもするということは、最も避けたい脱毛の可能性があるという事。

私は出来る限りその可能性を下げるために下記について調べました。

そして自分にできることは何でもしようと思いました。

 

ディグニキャップについて

日本の厚労省に当たる米国食品医薬品局(FDA)からの情報を抜粋しました。

DigniCap Cooling Systemは、脱毛を誘発する化学療法薬の投与および脱毛を誘発する用量での投与を受けている固形腫瘍患者において化学療法中の脱毛の頻度と重症度を低減するために使用される。DigniCap Cooling Systemは治療中にコンピューター制御システムとして利用される。

冷却は頭部の血管収縮を目的としている。血管収縮により毛嚢の細胞に到達する化学療法薬の用量が減少する。また、低温により毛嚢の活性が弱まり、細胞分裂が緩慢になる。これにより、化学療法薬の毛嚢に対する影響が弱まる。このように作用が組み合わさることで化学療法薬の細胞への影響が減少し、脱毛が抑制される可能性があると考えられている。DigniCapは一部の化学療法レジメンと併用できない可能性がある。

 

2015年に、FDAは乳がん患者におけるDigniCapの使用に関して販売承認した。この承認のために、脱毛との関連性が認められている化学療法を受ける乳がん患者(ステージIおよびII122人を対象に、この冷却システムの有効性を検証した。この試験の結果、DigniCapによる治療を受けた患者の66%以上で脱毛量が50%未満であった。また、DigniCapの適用拡大を裏付けるために、製造業者はすでに発表されている査読を受けた論文を提出した。その論文では乳房以外の体の部位に固形腫瘍を有する患者に対するDigniCapの適用を分析した。FDAは、これらの研究によりDigniCapの適用拡大に関する安全性と有効性を裏付ける有用な科学的根拠が得られたと結論付けた。

DigniCapは小児患者、一部のがん患者、および特定の化学療法を受けている患者に対して禁忌である。さらに、DigniCapは低温過敏性のある患者あるいは低温関連傷害に対する過敏性がある患者に適しない可能性がある。

DigniCapの最も頻度の高い副作用には寒冷性の頭痛、頸部および肩の不快感、悪寒、およびDigniCapの長時間装着に関連する疼痛などがある。頭皮内に分離したがん細胞群に対し、本品を装着することで化学療法薬の効果が損なわれる危険性はまれである。

頭皮冷却の長期的影響および頭皮転移のリスクはまだ十分に検証されていない。

 

適用拡大

2017/07/22 がん剤治療や放射線治療による脱毛は、がんの治療と同じくらい患者を悩ませることがある。特に女性の場合、悩みは深刻だ。がんの治療をしても、髪の毛が抜けなかったら、心の負担はわずかでも軽くなるだろう。がんの治療による脱毛症を予防するための頭皮冷却装置(商品名DigniCap)について、乳がん以外のがんにも適応を拡大したと米国食品医薬品局(FDA)が発表した(7月3日付FDA News Release)。

yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)より

国内の状況

2013年、国立がん研究センター中央病院乳腺外科科長木下貴之氏によって、頭皮冷却装置を用いた頭皮冷却法が行われている。

現在のところ、日本で使用されている抗がん剤の副作用による脱毛を防ぐ医療機器はディグニキャップ(DigniCap)だけであり、この医療機器はスウェーデンのディグニターナ社製、英国のパックマンクーラー社製などで、欧州では2002年に、米国では2015年に承認されて 多くの病院施設で使用されている。

日本では2007年に厚生労働省 から許可を得て臨床試験(治験)を実施しているところ。

リーブ21では、キャップを日本人の頭部の形状に合わせ
操作性も向上した独自の「頭皮冷却装置」を国内企業と共同開発治験試作機を2015年11、12月に行われた日本乳癌学会で展示。

 

 

【乳癌学会2015】

乳癌患者が化学療法で最も苦痛と感じる脱毛の実態が明らかに、大規模アンケート調査の結果。

補助化学療法を受けた乳癌患者1400人以上を対象としたアンケート調査から、化学療法時に患者が最も苦痛と感じるのは悪心や嘔吐ではなく脱毛であり、対象の98%で脱毛を認め、長期に及ぶ患者も含まれることがわかった。同調査は、CSP-HOR(公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターヘルスアウトカムリサーチ支援事業)化学療法に伴う脱毛患者サポートに関するワーキンググループにより行われたもの。7月2日から4日まで東京都で開催されている第23回日本乳癌学会学術総会で、仙台医療センター乳腺外科の渡辺隆紀氏が発表した。

乳癌患者1400人以上を対象としたアンケート調査

<脱毛>

・対象の98.4%が脱毛
・脱毛開始時期は平均18日後
・対象の94%が頭髪の80%以上脱毛

・眉毛、睫毛の80%以上脱毛は約60%

<頭髪の回復>

・2年で頭髪80%以上回復したのは対象者の60%
・5年後も頭髪の回復が30%以下は対象者の5%は存在
・髪質の変化などは多々報告

 

日経メディカルより

 

要は投与前30分から投与後2時間ほど頭皮を16度に冷却し続けると、毛細血管が収縮して抗がん剤が頭に行かん、毛根の活動が軽減される、という理屈ですね。

ディグニキャップ装置はさすがに作れないので、ディグニキャップもどきを作って頭を冷やし続ければ良いのだ!

 

そして製作に取り掛かったのである。

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ ガンバルッ

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊


 

 

コメントを残す