(経緯22) 今思えば骨転移、虫の知らせ。心療内科。

 

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

虫の知らせ

 

5月、寝倒して起きたら首の寝違え。

PET検査は首への転移が一番酷かった。

あの痛みは寝違えじゃなかったんだ。

 

謎の体調不良。
メンタルの崩壊。

 

ハーセプチン を終了したその後の謎の体調不良。

それはもしかしたら、抑えのなくなったガンが一斉に
身体中で暴れ始めてたのかもしれない。
(詳しい状態は経緯16です。よろしければどうぞ。)

 

身体の状況が悪くなると、メンタルがやられるのはわかっていたのですが、
自分なりの対処法も覚えていたつもりだったんです。

 

ところが、
会社でお昼を食べている最中も、壁にもたれて座っていられないほど。
お弁当も3割ほどしか食べられず食欲も低下してました。
お箸を持つのもつらい。

 

年齢的にも更年期障害が出てもおかしくないし、その症状は大いにあるのですが、今もって閉経していないからそれは違ったのかもしれません。

タモキシフェンを飲んでいたので、ホルモンバランスかと思いましたが、それも一年以上飲み続けているのに今頃?

何で?何で?

どうすればいいの?原因は何?

自分がおかしい。

この身体が怖い。

自分が何するか怖い。

心はボロボロで、笑顔どころか、ずっと遠くを見てる感じ。
ホントに「楽になりたい」しか考えられなかったんです。

どんどん悪循環だったのかもしれません。

 

あのまま行くと鬱になっていたかも。
自分ではなかなか気づかないし動けない。

 

主治医の先生に

「薬を出すだけならウチでもできるけど、一度心療内科にいってみたら?
専門の先生の方が合う薬とか処方してくれるかもしれんし。」

 

それで心療内科に行って薬をもらったのですが、1週間か10日ほどで改善しました。

助かった、って感じでした。(>_<)

 

原因は自律神経の乱れだったんだろうぐらいしかわかりません。
でも、最初にがんが発覚した時も同じようなことがあったんです。

乳がんに痛みはないと聞いていたのに、チクチクしたり違和感がすごくて。

その時先生に言われたことは、

「医者がこういう事を言うと変と思うかもしれへんけど、実はたまに聞くよ。

痛みはないはずなのに痛んだり、原因もなく体調がおかしい、気になるとか。

いわゆる虫の知らせってやつ。

根拠はないけど長年医者をやっている経験で言うと、意外とあるねんなー」

 

虫の知らせって本当にあるんだ。

いつもいつも身体虫さんが知らせてくれるわけではないけど、虫さんが動き出したら耳を傾けてみよう。子供にも疳の虫っているし。
疳の虫が育って身体の御庭番になったのかもしれない。
長い付き合いなのに気づかなくてごめんよ。(/_;)

転移の時はお庭番として虫さんが一生懸命わめいてくれてたのかな。
感謝して命名した「ムイムイ」ヽ(^。^)ノ
子供のころからの付き合いということで (#^^#)

 

ヤバイよヤバイよ〜 \(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

 

心療内科についてもお話させてください。

 

風を引いたら内科だし、骨折したら整形外科。
肩こり腰痛は接骨院、
メンタルの調子が悪いなら心療内科

それぐらいに軽く考えて受診するのはおすすめです。

 

でも、心療内科はレントゲンや血液検査で原因がわかるものではありません。

ココロさんの声を聴くんですから。

受診して、薬を処方してもらって、しばらくしたら回復。
そんな簡単ではありません。
10分や15分で根本的な問題なんてわからないし、ましてや解決なんてしません。と、私は思います。

じゃあなぜおすすめするのかと言うと

緊急避難です。(・_・;)

 

気持ちの落ち込みが激しいから、少し楽になる薬。
夜も寝れないなら、眠りやすくする薬。
イライラしてコントロールできないなら、落ち着ける薬。

風邪と一緒。
熱が出たら解熱剤。
吐き気がするなら吐き気止め。

そして身体を休める時間を稼いで、自己治癒する。

 

精神的な問題や自分で解決できない心のトラブルは、
私はカウンセリングなど、しっかりココロさんと向き合うメンタルヘルスがいいと思います。

 

ちなみに私が通っている心療内科は、

最悪です。(・_・;)

行く度に、そわそわと
「まだ大丈夫そうですね。」
「ちょっと弱ってきましたか?」
「少しやせました?」
「まぁこの状態なら精神的に追い詰められても当然ですからね」

あたかも瀕死の重病人扱いで、毎度毎度、末期がんで死にかけ患者扱いされます。じろじろ見て、この人もうすぐ死ぬんかな~って顔をされます。
そして興味深げに体の状態やら治療方法を聞いてきます。
なおかつ、うすーい知識で、「その治療は効果があると思います」や「間違ってないと思います」をエセ医者丸出しの顔でのたまう。
絶対メンタルやられてる人や、他の病気で闘病中の人が接してはいけない類の人間だ。(*^▽^*;)

 

それでもそこに行っていた理由は

近くに心療内科が無いから。
薬がもらえればそれでいいから。
精神的なものは何も期待していなから。
スーパーの隣だし。(^^;)

行くのは苦痛だけど、マニュアル通りに合う薬と漢方がもらえるから。
はいはい、どうでもいいからサッサと処方箋書け。です。

私はかなり昔、離婚のときにカウンセリングを受けていた事があるのです。
離婚自体が原因ではなかったんですけどね。
色々あったので。

その時の臨床心理士をされていた先生が、今は大学の教授をされてらっしゃいます。
とても素晴らしい方で、色々と学ばせてもらった経験があったのです。
最近、電車で偶然10年ぶりにお会いするという奇跡的なことがありました。
それからたまにお会いできるので、職業選択ミスの心療内科医は不要なんです。
ただ、その教授は処方箋を出せないからってだけです。

 

偉そうな事を言う気はないのですが、
闘病中は本人だけでなくご家族の方々も、精神的にかなりの負担になると聞いてます。
ムリをすると共倒れになる人もいるそうです。
必要であれば、メンタルケアを考えてみられるのも宜しいかと思います。

ただ、しっかり選んでくださいね。
(#^^#) ユックリデ、ダイジョウブダヨ

 

 

体調不良でメンタルもやられるのが一番怖いと痛感しました。

だからいつも自分に聞いています。

大丈夫?

無理していない?

どこかに変なところない?

ムイムイさんが教えてくれてるのかもよ?

 

 

みんな、自分のココロさんを大切にしましょう。

 

 

 

よろしければお願いいたします


人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ
にほんブログ村

読んでいただきありがとうございます

(経緯16) ハーセプチン終了後の激しい体調不良