(経緯8) 入院生活

 

リュックを背負って病院入り。

そうさ、

私はおひとり様。

何でも自力なのさ❗ \(^o^)/

 

心意気だけは鼻息が荒い💦

 

 

 

しこりを見つけてガンの疑いが出た時から、私は数人の友人に報告した。

ガンと判明した時、
クリニックを出てすぐに報告した。
不安で、安心したかったんです。

すぐに家に駆けつけてくれた人

電話で「わかった」と声を振り絞ってくれた人

いつもの素敵スペインバルで報告をした時、いつも冷静で多少のことに動じない人が狼狽して目に涙を溜めて背中を向けた。

 

「何でやねんっ」パニクる人

「いい加減にしてよ!」なぜかキレる人💧

「金はあるんか!任せとけ!」ちなみに主婦💧

「大丈夫!私は」もはや意味不明💧

 

みんなの反応が個性的で、でも愛に溢れていて、私は思った。

 

「私は大丈夫。」

 

 

かくして私の鼻息は荒くなった。笑

 

よし、大丈夫!
出来るだけ自力で頑張ろう!
辛くなったら、どうしようもなくなったら、助けてくれる人がいる!

最初から甘えちゃいけない!
長期戦だ!

 

鼻息はどんどん荒く。ふがぁー!

 

実際のところ。
バル常連チームの入院担当になった人と、お隣ママが毎日来てくれ、
友達もたくさん覗きに来てくれ、

退院後は食事担当が
ご飯の作り置きなどを大量に持ち込んでくれ。
…だって入院前に冷蔵庫空っぽにしたしー

その他の買い出しもしてくれて。
…退院日にスーパーで大量に買い出しは大変だしー

 

 

そう言えば、病院食ダメってよく聞きますよね?
私は結構大丈夫なんです。

手術後は絶食でした。
麻酔明けなので、誤嚥防止だそうで。
それに、そもそも気分悪くて食べれないよって言われてました。

でも、麻酔が覚めて目が開くと、パッチリお目覚め!
\(@_@)/オハヨウ~

 

すぐに感じたことが、

「おなか減った!」

 

でも手術の後は絶食。。。
前日の夜から食事抜きで、翌日の手術日は丸一日絶食になるのです。
麻酔明けは食べれないし、しんどいから絶食なんて感じないって聞いていたのに、

 

おなか減ったよ~!

 

しっかりお目覚めで元気だったら食べさせて欲しいですよね。

 

しかも翌日は、お・か・ゆ・・・・

 

だからでしょうか、病院食もモリモリ!
全食完食!

 

だけど、「ごはんですよ」は欠かせない。
何ならおかわりもしたいぐらいでした。
内臓系じゃないし、制限もないから良かったんですね。(^o^)

 

ご飯の時間が待ち遠しくて、
ごはん!ごはん!
ワクワク ドキドキ!

運ばれて来たら

 

「ワン!」
(の、気分ね (#^^#) )

 

 

おや、飼育に近い。

ふがぁー!

 

 

よろしければお願いいたします☺


人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へ
にほんブログ村

読んでいただきありがとうございます😊