人が死ぬことに慣れているの?薬局でかけられた暴言。

 

初めてお越しいただいた方は、まずこちらをお読みください。
ご挨拶とご注意 → はじめてのお散歩

最初のブログ→経緯2乳がん発覚のとき
乳がん発覚~転移告知~現在を時系列で読んでいただくと、心の動きや考え方、身体の状態についてよりご理解いただけると思います。(#^^#)

 

先週の木曜日は点滴の日でした。

今までは先生のクリニックで抗がん剤の点滴をしていました。

でも、前回ペインクリニックに行きたいと話した時に今後の点滴は市立病院ですることになりました。

 

先生は市立病院でも診察をされているので、主治医が先生から変わる訳ではありません。
ただ、市立病院だと、リハビリが受けれたり薬剤師や地域医療連携室やがん相談支援センターなどもあり、チームで見てもらえるのです。
骨転移の痛み等が酷くなってきたので、そういう他の専門先生方も入れて治療していこうと考えて下さってたのです。

初めての市立病院での点滴でドキドキしましたが、途中で先生がわざわざ点滴の部屋まで見に来てくれたりしたので、安心して受けることが出来ました。

(*•̀ᴗ•́*)و  センセー!アリガトー

 

そして処方箋を貰って病院を出ました。

院外処方なので、病院の前にある薬局でお薬をもらうのです。
病院前には複数の薬局がありますが、決まったとこがないので目の前の薬局に入りました。

 

「お願いします」

しばらくすると、男性の方がバタバタと近づいて来て、
「〇〇さん!〇〇さん!」と大声で呼ばれました。

私「は、はい」

店員「これな、麻薬やなー、取り寄せになるねん!」

 

前の薬局でも取り寄せていただいていたし、普通では考えられない量だともさんざん聞かされて知っていたので丁寧にお願いしました。

 

私「はい、前の薬局でもそうでしたし、量も多いのでお手数なんですが、、、」

店員「その薬局でもらったら?取り寄せになるからなー」

私「病院が変わったので、薬局も家とは逆の方向になるので、、、。家に1週間分はストックを置いてあるので少し取り寄せるのに時間がかかっても大丈夫な様にはしてありまして、、」

店員「でも取り寄せやからなー。大変なんや。取り寄せはなー」

しつこく取り寄せになると言われ、そんなに嫌なのかと思ってほかの薬局に行こうかと思っていた時に、信じられない暴言が出ました。

 

 

店員「それに医療用麻薬でこの量って、もう、いつまでもらうかもわからんやろ?」

私「、、、、、」

 

 

それは、どういう意味?
ガンのレスキューが大量に処方されている状態だと、もういつまで持つかわからんってこと?

私は呆然としましたが、もう一時もここにいるのが嫌で、
私「もう結構です。ほかの薬局でもらいます」
と伝えて薬局を出ました。

その背中に
店員「うん、そうして下さい」と声が聞こえました。

 

 

私は怒りよりショックが強く、そんなに私は迷惑なのかと思ったり、処方箋を見て、この人はもう持たないなと思われているのかと、気持ちが不安定になってしまいました。

すぐ隣も薬局でしたが、そのまま薬局にも入れずしばらく歩道でぼーっとしてしまいました。

 

しばらくして気持ちが落ち着いた頃、少し離れた落ち着いた雰囲気の薬局に入りました。
処方箋を恐る恐る出しました。

 

私「申し訳ありませんが、医療用麻薬なんです。量かなり多くて大変お手数なんですが、ご対応頂けないでしょうか」

また門前払いされるかも、何か言われるかもとビクビクしながら心の中では半泣きでした。

 

しばらくして、案の定店員さんが出てこられました。
車椅子の横にかがんで穏やかな小さな声で、

店員さん「申し訳ありません。うちに在庫がなくて取り寄せに時間がかかるんですが大丈夫ですか?急いでも明日の夕方にしか届かないので今日明日の分はおもちですか?」

私「え。受けていただけるのですか?」

店員さん「え?もちろんですが、すぐにお出し出来ないので」

私は息が詰まってしまい言葉が出なくなりました。
店員さんは何かを察したらしく優しく言葉をかけてくれました。

店員さん「大丈夫ですよ。お断りするなんてありえない事ですよ。変わった薬局もありますが、そんなの特別ですから」

 

私は安心して、先程の経緯を簡単に話しました。
どうやら今までも何度かこういう事があったようです。

特に医療用麻薬はほかの薬と違って返品が出来ないらしいのです。だから取り寄せて、私が死んではけないとお店の方が赤字になってしまうという事みたいです。
しかも管理も大変だったりするのでしょう。

 

 

事情が分かれば確かに大変なんだとは思いますが、本当に言い方ひとつでとても酷い言葉に聞こえました。
とにかく次の薬局では丁寧に対応していただき、色々アドバイスもいてくださいました。

万が一災害が起こったりするとすぐに薬がもらえないので1週間分はストックを持っているのですが、出来れば先生に相談して2週間にした方がいいと思うとの事でした。

 

東日本大震災の時はお薬手帳でくすりがもらえたそうなので、必ずお薬手帳に記録することと(勿論してました)。そして普通の薬でも1週間ほどはかかっていたので、特殊な薬となると取り寄せになるので一週間では難しいかもと言われました。

確かに。
次回の診察で先生に相談することにしました。

そして、返品が出来ないと聞いたので私の方からもお伺いを立てました。
前もって取り寄せておかないで、毎回私が処方箋を貰ってから取り寄せにしてもらうのです。
そして処方箋もお店にお預けしておいて取り寄せが届いた頃に取りにうかがう方法です。
そうすれば絶対に在庫にはならないからです。

 

最初に行った薬局は、病院の真正面にあるので面倒な処方を受けずに酷い対応をしても客は来るのです。
だから色々とクレームが多発しているそうです。

それにしても、これまでずっとお世話になっていた薬局は本当にいいお店だったのですね。
一度も嫌な対応などなかったし、いつも既に取り寄せてくれてました。
そして量が変動して足りなかった時は申し訳ないと謝ってくれた上に、後日届けに来てくれていました。

病院を変わる時に、もうそうそう来ないので事情を話しお世話になった挨拶をさせてもらいましたが、本当に良かったです。
返品ができないことを知らなかったので、急に行かなくなっていたら、かなりの金額を赤字にしてしまうところでした。
行ってよかったー。
でも、既に取り寄せ分があったりして、赤字になってないかなぁ。

 

 

 

今回はすごくショックも大きかったけど、それ以上に今までに何も言わず対応してくれた薬局や、親切にアドバイスまでくれた薬局に出会えていたことでプラマイゼロ!

いや、感謝の方が大きかったです!

 

知らないところで私のためにリスクを被ってくれている人もいるんだと知り、ちゃんと気をつけないとと思いました。

本当にありがたいと思いました。
ありがとうございました。

 

 

 

よろしければお願いします😆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

読んでいただきありがとうございます😊